宿命 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (736)
  • (1653)
  • (2835)
  • (290)
  • (45)
本棚登録 : 13410
レビュー : 1203
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061854444

作品紹介・あらすじ

高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【感想】
    東野圭吾の作品って、タイトルがシンプルかつディープなものばかりだ。
    タイトルにすごく拘りを持っているんだろうなという作品が多い。
    この「宿命」もその1冊で、主人公の勇作と晃彦は勿論、須貝正清や上原先生や父の興司などそれぞれの登場人物達の「宿命」も読んでいて感じさせられた。

    また、「あとがき」に書いてあったが、東野圭吾は本作品においては特に最後の一行に特にこだわり、むしろ最後の一行を書きたいが為に、全文章を考えたんだとか。
    それぐらい素晴らしいラストだったと読んでいて感じた。

    物語は小学生の頃からの宿敵である警察官の勇作と医者の晃彦に焦点が合わされ、1つの殺人事件を絡めてストーリーが進行していく。
    勇作に何か恨みでもあるのか?というくらい嫌味でスペックの高い晃彦少年と、晃彦少年にすべてにおいていつも負けてしまう勇作少年。
    少年時代からの確執を本事件の解決によって清算しようとする勇作の気概からして、もう少し殺伐としたラストになるかと思ったが、、、

    タイトルセンスと作中の大ドンデン返し、事件そのものの完成度の高さ、そして自他ともに認めるラスト一文の構成力の素晴らしさ。
    色んな要素の詰まった名作でした。


    【あらすじ】
    高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。
    男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。
    刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。


    【引用】
    p68
    公平だな、と勇作は思った。死ぬ時は公平だ。考えてみれば、人間の世界で唯一フェアな部分かもしれない。


    p75
    自分とは何の関わりもないのに、どうにも心に引っかかる人間というのがいる。
    その人物に魅力を感じているわけでも、恨みがあるわけでもない。
    それなのにどういうわけか、その顔を見ると、心が俄かに動揺するという相手だ。
    勇作にとって、瓜生晃彦がまさにそういう存在だった。
    友人になりたいとかいう明朗な心理ではない。何となく気に入らない奴だ、という陰湿な種類のものだった。


    p82
    勇作はこれまで、人に後れをとったことなど殆どなかった。勉強にしても、運動にしても、絵や書道についてもだ。
    もちろんその陰には彼なりの努力があった。ところが彼が苦労して手に入れてきたトップの座を、瓜生は鼻歌でも歌いながら奪いとっていくのだ。


    p90
    サナエさんの死に、瓜生親子が関係しているのか?だがそれは、どういう関係だ?
    この疑問が、勇作にとって瓜生晃彦をさらに特別な存在にしたのだった。


    p192
    このノートを見て、勇作は何とか真相を確かめたいと思った。それが興司の望みでもあるように思えたからだ。
    興司は出世はしなかったが、事件のたびに全力を尽くし、常に納得できる形で処理していった。おそらく唯一の心残りが「脳外科病院怪死事件」であったはずだ。

    やってみよう、と勇作は思った。今度の事件が実際どの程度サナエ事件に関係しているのかは不明だが、とにかくやれるだけやってみよう。
    (この事件は俺の事件だ。俺の青春がかかっている。)
    ノートを握りしめ、勇作は心の中で叫んだ。


    p334
    それにしても、サナエさんも実験台にされた一人だったとは。
    覚悟したことだったが、やはり勇作の推理は的中していた。
    瓜生和晃がサナエの身元引受人になったことや、彼女がレンガ病院に入院していたこと、そして彼女の死にも、実験に関する秘密が絡んでいるに違いない。
    さらに彼女の知能に障害があったこと。
    あれはもしかすると、実験の後遺症か何かではないのか?サナエも元々は普通の大人の女性だったのではないのか?


    p357
    「須貝正清の父親も実験に加わっていた。ところが凍結された後も、密かに自分が再開させることを考えていたらしい。親子とも負けず劣らずの変人だよ。
    おそらく正清は父親から、あの計画を須貝家の手で再開させるよう命じられていたのだろう。半ば執念みたいなものさ。
    だから僕の父親が倒れて自分の天下が近づくと見ると、着々とその準備を始めたりしたんだ。」


    p366
    「サナエさんは双子を産んだんだ。そして一人は瓜生直明に、もう一人はやはり妻が不妊症の夫婦に引き取られた。二人は二卵性双生児で、ふつうの双子のように瓜二つというわけではなかった。」

    「高校二年の時、自分に兄弟がいることは知った。しかしそれが誰なのかは教わらなかった。まさか君だったとはな。」
    晃彦は嘆息し、しみじみとした調子で言った。


    p368
    晃彦は何か眩しいものでも見るように目を細めた。
    「自分にどういう血が流れているのかは関係ないんだ。重要なのは、自分にはどういう宿命が与えられているかだ。」
    その言葉は、勇作の頭の奥底に響いた。同時に、つい先ほど瓜生家に引き取られた晃彦を妬んだことを恥じた。
    その宿命のために子供らしさを失い、人生の殆どを犠牲にしなければならない立場を、どうして羨むことができるのだ。


    p371
    「全敗だ」
    勇作は呟いた。「えっ?」と晃彦が聞いたので、「何でもない」と首を振った。

    「最後にもう一つ聞いていいかな?」
    「なんだい?」
    「先に生まれたのはどっちだ?」
    すると暗闇の中で晃彦は小さく笑い、
    「君の方だ」と、少しおどけた声を送ってきた。

  • 『変身』に繋がる話らしい。
    ありえなくない話で妙に怖かった。

  • 今から ほぼ30年近く前の作品だけど、だから初々しいのだけど、やっぱり「らしさ」がちゃんと散見されました。なのでそれほど違和感無く楽しめました♪

  • 初東野圭吾。
    ラストで全て繋がる感じがスッキリ。
    自分的にはびっくりスッキリ。←
    本のあらすじにあるように、
    2人の『宿命』が本当に皮肉で感動的!!

  • 初東野圭吾。これからはまりました。

  • 最後のセリフがよかった。
    読み進めるにつれてどんどん面白くなっていって、
    気づけば前かがみになって読んでた。

  • 出会った時からあまりいい印象を受けなかったライバルが、ある殺人事件をきっかけに再開する。

    複数の伏線が回収されていくところがすごく納得の内容で気持ちよかったです。
    面白かった!

    再読なのですが、ほとんど解決編の記憶がなかった…
    もっと勇作が美佐子から決定的に拒否されて惨めな感じで終わったような気がしていたのだけど、今回読み終わった時はなんだか爽やかに負けを認めていて、スポーツの試合後みたいな雰囲気を感じました。
    美佐子からも特に決定的な何かを言われた訳でもなく、実家から瓜生の家に戻ってそこでの生活に希望を見出したみたいだけだったし。

    晃彦の「宿命」を受け入れた心境は想像出来ない。
    そこから逃げて美佐子に打ち明けたくなる、と話す晃彦がやっと人間らしさを感じた場面でした。

  • 「宿命」
    和倉勇作と瓜生晃彦。


    和倉勇作と瓜生晃彦という2人の人生が交錯するストーリー。タイトルからして何から先が読めてしまいそうな部分はある。しかし、一つの殺人事件を軸に2人の男にある数奇な運命だけではなく、両親の背景にレンガの病院、そして美佐子がうっすら感じ続ける「操られているのではないか」と言う見えない糸の謎が解ける形になっている。


    テーマに大きく関わっているのが脳科学である。勇作と晃彦の運命の重さを創り出すことを考え、丸っ切りの空想に見えず、ある程度あるかもしれないと思えるレベルで脳科学が使われている。確かにありそうなものになってる。


    因みに、美佐子を巡る勇作と晃彦の結果なのだが、なんか腹落ちしない。晃彦の覚悟を知ったことがポイントになったようだが、果たしてそうなんだろうか。晃彦は重要なことを隠してきたが、それと美佐子との問題はあまり関係がないように思うのだが。この点は、勇作の推測であり、どんなことが起きたかわからないが、美佐子がよく分からない。


    本書は、学園モノのレッテルを早く剥がしたいとの思いから、読者をびっくりさせる為に書き上げたとのこと。事件のミステリーだけではなく、登場人物達の背景に秘密を込めて、びっくりさせることに成功したようだ。「変身」の前身に当たる作品なだけに「変身」が読みたくなる。

  • 少し前の作品だけど、さすが面白かった。

  • 25年も前の話なんだ。さすがに時代を感じた。
    企業の思惑というのは恐ろしいな。「スパイ」という視点では、池井戸潤さんの「民王」のほうが物語っぽくて読みやすかったと思った。
    東野さんのミステリーを何作か読んだけど、モノによっては全然違う作家さんのように感じるくらい、作品に幅があってすごいと思う。

全1203件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

宿命 (講談社文庫)のその他の作品

宿命 (講談社ノベルス) 新書 宿命 (講談社ノベルス) 東野圭吾

東野圭吾の作品

宿命 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする