アンジェリク〈6〉金髪の女奴隷 上 (講談社文庫)

制作 : Serge Golon  Anne Golon  井上 一夫 
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061856165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに、フランスを飛び出したアンジェリク!

    相変わらず、冷たいようでそのくせ滾るような愛情を秘めたデグレが良いところで登場したり。
    頭の良いフロリモンと海に消えたカントー、この二人の子ども達へのアンジェリクの態度はいつも腑に落ちないけれど、今度ばかりはフロリモンへの考え方が少し変わったんじゃないだろうか。

    フランスを飛び出して海賊に捕えられようともアンジェリクの本質は少しも変わらない。

    ジョフレへの手がかりもやっと掴め、そろそろ再会できるのだろうか・・・。

  • そこまで言っていたジョフレなのに(フィリップ、かわいそうすぎ)レスカトール=ジョフレとしか思えんが、アンジェリクは何で気づかないのか?
    しかし、ニコラまで生きていたとは(確かに、死亡ではなく、行方不明という退場だった)。

    ヴィヴォンヌは結構いい男だった。サヴァリ大活躍なのが楽しい。

全2件中 1 - 2件を表示

アンジェリク〈6〉金髪の女奴隷 上 (講談社文庫)のその他の作品

S.ゴロンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アンジェリク〈6〉金髪の女奴隷 上 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする