変身 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (814)
  • (1846)
  • (3039)
  • (419)
  • (74)
本棚登録 : 14618
レビュー : 1420
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061856981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私自身は活字を目で追っているだけ、なのであるが。

    きっと脳内では
    得た情報を次々に高速処理し、
    認識され、記録され、映(想)像化する為のなんらかの処置がなされ、
    こんな私にでも理解出来るように、と
    忙しく動き回っているのであろう。

    こんな風に、
    自分と考える脳のことを切り離して思ってみたのは初めてだ。
    そして、
    その事をとても怖い、と思った。

    今は従順で平和な脳が、
    なんらかのきっかけで暴走し始めたら?

    体を支配し始めたら?

    自分が信頼している、今の自分が消えて、
    全く別の人格にて、乗っ取ろうと脳が企てたら?

    物語の主人公は、
    ある事故がきっかけで、脳にひどいダメージを受けた。
    今の医学では
    当然認められていない『脳移植』の手術をうけ、
    誰のものともわからない、
    他人の脳に命を救われたわけではあるが、

    やがて、その脳は
    体を得た事で、蘇ったように主人公の体を支配し始める…

    と、言う恐ろしい物語。

    自分の核となるものは一体何なのか?

    生かそうとする脳なのか?

    生きたいと願う体なのか?

    経験が培った心なのか?

    存在意識を抱えた魂なのか?

    それとも…。

    答えも見つからぬまま、物語の幕は閉じられた。

    二度と踏み入りたくない世界感であったが、

    二度も読む返す必要は無いほど、記憶には深く焼きついてしまった様だ。

  • 脳の断片でも生きていたら、人間に死の判定はできないのではないか? 
    この系統の東野圭吾の作品には、ストーリーの面白さに加えて、問題提起がある。ここでは、脳移植の意味。人格はどこに宿るか。

  • 東野圭吾の1991年作品。
    単行本が刊行されたのが1991年1月。バブル経済崩壊直前。まだ日本人は、この景気がずっと続くと思っていた頃。フジテレビでトレンディ・ドラマ『東京ラブストーリー』が放送されていた頃。
    バブル景気の時代の物語だから、この作品のそもそもの発端が、不動産会社からの現金強奪事件だったんですね。
    そんなバブリーな時代に、絵描きになるのを目指しながら製造業の工場でライン作業に従事する青年と、画材店の店員が主要登場人物に据えているところが、2010年代後半になってもあまり違和感無く読める理由でしょうね。
    まあ、自社の国内工場で、若い人達が派遣出なくて直雇用で働いている設定は、まだ景気が良かった頃、という、時代の違いを感じますけどね。
    物語のメインとなる脳移植手術が実現化していないのも、時代の変化で色褪せないのでしょう。
    言わずと知れた名作なので、割と大人しい作品だと思ってましたが、予想しなかった暴力描写がいくつかあり、自分としてはそこが良かったですね。

  • 今でこそ、数々のSFやサスペンスで描かれる「脳モノ」。
    映画やドラマ、小説等で触れる機会も多いせいか、本書を手に取った際、裏表紙のあらすじや帯のコメントを拝見して、なんとなく話の流れを想像してしまう本作。
    そうとなれば否が応でも期待とともに注目してしまう、その「変身」ぶりと、東野小説ならではの文章表現。

    「圧倒されました...」というのが正直な読後感です。

    主人公である成瀬純一の「変身」ぶりとそれに対する本人の恐怖・葛藤。
    立場・考え方・関係性がそれぞれに異なる周辺人物たちの人間模様。
    本作では、そのひとつひとつがとても丁寧に描かれています。

    また、物語の「視点」は終始、主人公の視点。
    他の登場人物のメモや日記という形で、異なる視点からの補足はあります。
    が、主たる「視点」が一貫しているからこそ、自らが「変身」していく様子や恐れ、周りからどのように見られ・周りの人間を信じてよいかどうかの不安を、主人公と同じ目線でより深く追体験できる。
    これが、より一層「変身」を引き立てます。

    ときにグロテスクな描写もあります。
    でも、だからこそ、「変身」前後の変化が際立つのかもしれない。
    また、そんな描写があるからこそ、それに抗おうとする姿が際立つのかもしれません。

    「生きているというのは・・・(中略)。それは足跡を残すってことなんだ。」という印象深い台詞。
    これに「後ろにある足跡を見て、たしかに自分がつけたものだとわかるのが、生きているということなんだ。」と続きます。
    誰しも、忘れてしまいたい過去や断ち切りたいしがらみなども多々あることでしょう。
    けれど、それらを全部ひっくるめた「足跡」によって、今、自分が生きていると実感できるのかな...とも思います。

    読了後のこのずっしり重量感。
    人間をつくるもの。自分を構成するもの。自分の思考や心はなにでできているのやら?
    ときには、そんな重いテーマに想いをはせるのも一興かもしれません。

  • 「アルジャーノンに花束を」を読んでまた読みたくなったので読んだ。
    この本を読むのは四度目か五度目だ。それくらい好きなんだけど、何故か俺の周りの評価はあまり高くない。友達は「胸糞悪い、二度と読みたくない」と言っていた。まぁそう言われれば確かにそうだ。
    人格の変化を表すために人を傷つけ過ぎかも知れない。それでもラスト10ページは何度読んでも感動出来る。
    また個人的な事を言わせてもらえば、京極の妹はもう少し出しゃばって欲しい。

  • 今まで読んだ東野圭吾の中で僕は一番好きです。死とは?自とは?人の死に対する概念の集約。物語は世界初の脳移植患者が、前の脳の持ち主に自分の脳が支配されていくというシンプルな物語。その脳のドナーや背景、人物像の設定、スピード感、愛、死、自我、すべてが良くて、一気読みできます。何回も読んで、何回も教えられる深い小説。大好きだ。

  • 全体的に暗いお話




    脳を移植されたらイライラする気持ちも映るのだろうか?
    それを抑える前頭葉は??

    国家の研究の被害者であることには同情出来るが、
    恨み、イライラだけで人をバラバラにしておいて、社会的制裁が無いのはいまいち理解できない。

  • 久しぶりの東野圭吾作品。

    主人公の変わっていく姿を想像してゾクッとした。
    科学と霊が、現実と仮想が、どんどんと入り混じっていく
    の事に圧倒された。

  • 発砲事件に巻き込まれた成瀬純一が、右脳の移植手術を経て、別人へと変身し苦悩していく物語。
    脳の移植が可能かどうかの議論はこの際置いておく。術後の人格がドナーの影響を受け、変化していく過程は面白い。脳の一部分しか移植していないにも関わらず、その人間の人格をも乗っ取り、絶望へと追い込む。愛していた恋人も、仲の良かった隣人も、協力しようとしてくれた研究者をも信頼できず、成瀬は疑心暗鬼になっていく。最後まで成瀬を信じてくれていた人物は2人。元恋人の恵、弁護士の嵯峨だ。共通しているのは、かつての成瀬を知り、成瀬に感謝している人物だということ。たとえ狂人になろうとも、過去の善意や愛を信じてくれた2人。しかし、変貌した成瀬にその思いは届かなかった。成瀬がその愛に気付き、自分を取り戻したときには手遅れ、自ら罪を犯し窮地に追い込まれてしまっていた。ドナーに人格を蝕まれる恐怖と戦い、人を信じることの難しさや素晴らしさを考えさせられる作品。

  • 東野圭吾さんの「よくぞここまで書いたな」と思える凄まじくホラー要素が強力な医学サスペンス・スリラーの衝撃作です。優しい青年・成瀬純一、凶悪犯の銃撃を受け絶体絶命の運命から奇跡の脳移植手術によって命が助かったのに、ああ!予測不能な何て不幸且つ残酷な運命が彼に襲い掛かったのでしょう!ストーリーに大きな意外性はなく想定の範囲内で主人公の運命がどんどん悪化の方向に向かうのを読者は唯々見守るしか術がないのですが、最後の最後に東野さんは悪魔的シナリオに一矢報いてくれましたね。恵さん見事に「最後に愛は勝つ!」でしたね。

  • 頭を銃で撃たれ、脳移植手術を受けて一命をとりとめた若者を主人公とするミステリー。

    著者の作風どおり、引き込まれる感覚で一気に読み進めた。

    ただ、最後の終わり方がやや平凡かな。

  • すごく読むの疲れちゃった。暗め

  • 東野圭吾 著

    東野圭吾さん この作家は沢山の本を出しており この本に至っては 遅らばせながら 読んだ作品ですが(結構古い作品)
    人気の本も大体 映画になるような…基本 映画にすると また、すごくいい作品になる(私的には「手紙」映画の印象が強く 涙が止まらなかった 俳優さんも上手かったんだろうけど…天空の蜂にしても予知能力に優れ 色んなジャンルに精通してるだなぁ)今回はミステリー かなり不気味で後味悪いものも残ったが…。
    東野圭吾のミステリー作品はかなり気味の悪いものと 心に傷を負いながら、人情的に 胸を打つものと両極端な印象が…というか どちらも描ける作家なんだなぁと感心する。
    そして、読む側も 好きな作品と何だか面白いけど あんまり感動するような作品じゃないなぁって気分になってしまうものもあり 他の作品も読みたいが 沢山過ぎて どの作品が自分の気持ちにヒットするか?分からない小説を書く作家さんだなぁと思いました。
    この作品についても感動はなかったが あり得ないような話なのに 実際にはあるんじゃないか?と思えるほどリアルな感じである何とも言えないシュールな作品だった
    「変身」する自分が感じられて 止めれないと感じたら 実際どうする?どうなるんだろう?って自分には判断出来そうにない感情を抱いてしまった。

  • いやー、東野圭吾!
    かなりはじめの方から誰の脳を使われたのかわかったものの、その終着点が気になって気になって、結局最後まで一気読みでした。
    死、とは何か。
    意識とは。
    シナプスから送られる信号で意識が形成されていることはわかっていたとしても、脳の一部を入れ替えたら、自分が自分でなくなってしまう、恐怖。
    しかも、それかじわじわと襲ってくるとしたら。
    読ませるなー、東野圭吾。

  • 今まで想像もしなかったお話でしたが、とても興味を唆られるないようでした!

    やっぱり自分の心が誰かに支配されて行くって怖いですよね(TT)
    個人的には、京極も心を壊された被害者であって優しさがあるのでは?とも思いますが…
    支配されるのが誰であっても、やっぱり生まれ育った自分と向き合い、良き思い出も悪き思い出も共にありたいです。

  • 色々な意味で怖かった。
    命は助かったけど、どんどん自分でない自分になっていく恐怖と抑えられない感情。
    そして、周りも不幸になっていく。
    誰も幸せになれない。
    本当に助かって良かったのか考えさせられる。

  • 脳移植でひとりの命が助かったが、誰にとっても不幸な話だった。一気読みさせるだけの興味深さはあった。

  • 自分だけど、考えてるのは他人の脳ってこわいな。それはつまり、自分じゃなくなるってことだから。
    読みやすくて、どんどん読めた!

  • 「お利口さん」と呼ばれている主人公の成瀬は、
    不動産屋で強盗に遭遇し、頭を打ちぬかれたものの
    脳移植手術により奇跡的に回復したのだが・・・
    少しずつ変化していく自分への恐怖が結構リアルで
    その変化の具合が堂本教授と、成瀬の恋人である葉村恵の日記で
    外側からみた成瀬の変化が伝えられるので
    そのドキドキ感はたまらなかったです。
    ドナーの正体については、早い段階でわかっちゃったけど
    それでどうなるのか想像がつかない。
    成瀬にしてみたら、悲劇ではあるけれど、最後の選択だけは
    なんというか、ある意味ハッピーエンドなんだと思う。

  • 人格が変わったのは特異な状態の影響。自分の奥底にある部分が表に出てきたからと深読みしすぎてしまいました。人格が段々と変化するにつれて読むスピードも上がり中盤からは最後まですぐに読み終わりました。

  • 一言、怖い作品であった。だからこそ、次の展開が気になり、読み進むスピードが自然と高まる。裏の事情をそれぞれの登場人物の日記という形で上手く描写し、全体像を表している。

  • 僕が読書にハマるきっかけになった本。話の展開は比較的読みやすいが最後の一行がたまらない。

  • 主人公の変化を関係者の日記を織り交ぜながら展開する珍しい文体。テーマが脳移植による人格変化と死について。今の所技術的・論理的に脳移植は許されてないが、献血同様要件を満たせば可能という仮定にした点が興味深い。結末は読んでみてのお楽しみ♪

  • 一人称が変わるタイミングがまさにあそこしかありえない。
    文章を読んでいて何かが引っ掛かり、少し戻って読み直してみると、語り手の一人称が僕から俺に変わっている。とても地味だが他人の意識に脳を乗っ取られる恐怖感がもっとも生々しく伝わってくる箇所。

  • 私にしては珍しく最初の方で、
    実は殺人犯の脳が移植されていたんじゃないか…、
    というオチが予測できてしまった。

    うーん…
    東野さんの本はどれもこれも好きだけど、
    しいて言えばこの作品が私の中でのワースト1です。
    今のところですが。

    結末がなんだか悲しい。
    主人公が残酷な殺人を犯してしまうところも、
    なんとも残念。
    今まで読んだ東野作品の中で、
    ここまで残虐な主人公はいなかったので。
    本来の主人公はすごく優しい人、ていうのは分かるんだけど…。
    うーん。。

    あと、『アルジャーノンに花束を』に似てる気がした。
    日記がたびたび出てくるからでしょうか。
    まぁ全然似てないっちゃ似てないんだけど、
    なんとなく共通するところがあるような。

    20071109

  • 今までの作品と違って、少し残虐な作風になったように感じられます。救いがないと言ったらいいのか。内容的に緻密に書かれていて、読んでいて引き込まれますが、ラストが悲しくて何とも言えません。
    前回読んだ、宿命で一部脳をテーマにした部分がありましたね。もしかしたら既にその時に次回作は脳移植をテーマに、と考えていたのかも、と読みながら少し思いました。

  • 終盤近くまで、実は少し退屈だなと思って読んでいた。
    東野圭吾のSFって、あんまりおもしろくないな、と。
    ミステリとして読んでも、ドナーの正体なんてすぐにわかる。
    落としどころはどこなんだろうと思って読んでいたら、状況が収拾つかなくなってきてからが、俄然面白くなってきた。

    最初はボタンの掛け違えなんだと思う。
    医者を信じつづけることができたのなら、ここまで悲劇的な終幕を迎えなかったのに。
    けれど、人間不信であったドナーの行動により、どんどん事態は悪化していく。
    事態の悪化よりも早く本人が悪いほうへ思いつめていく、その加速が悲しくて。

    ストーリーと直接関係はないけれど、脳と自己について。
    心と言うのは脳の発する電気信号に過ぎないという考え方をベースにすると、どういう刺激を受けるとどういう信号が発せられて、どういう反応になるのかというのは純一かドナーかの二者択一なのではなくて、おたがいに影響を与え合った結果の新しい人格に変わっていくのではないかと、私は思う。

    電気の通り道が変わるということは、伝わるに必要な距離や時間も変わるわけで、そうすると以前にはなかった負荷がそこに加わったりなんかすると、以前とは違う反応になるわけで。
    それが繰り返されると、どちらの人格とも違う別人格になるのではないかと。

    いや、これも妄想なんですけどね。
    読み終わった後、そんなことをうだうだボーっと考えていた。
    ということは、面白かったということか。

  • 結構淡々と読んでいたけれど、ラストのほんの短い1行で泣いた。

  • 連続ドラマW「東野圭吾 変身」
    WOWOWプライム 日曜22時
    出演:神木隆之介、二階堂ふみ、臼田あさ美、渡部豪太
    http://www.wowow.co.jp/dramaw/henshin/

  • 脳移植により別人格に徐々に自分が変わっていく…。現実にはなさそうだと感じながらも、ぐいぐい引き込まれ、主人公に感情移入してしまい、とても哀しくなってしまった。

全1420件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

変身 (講談社文庫)のその他の作品

変身 単行本 変身 東野圭吾
変身 (講談社ノベルス) 新書 変身 (講談社ノベルス) 東野圭吾

東野圭吾の作品

変身 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする