十津川警部C11を追う (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061857247

作品紹介・あらすじ

高校時代の友人宮下が当時の級友に復讐を画策しているらしいと聞かされ十津川警部はおどろく。八年前、大型バンの事故で宮下が妻を失くした際、五人の級友が同乗していたという。十津川は半信半疑だったが、その五人を乗せたSLが山奥の鉄橋から墜落して不安は現実化した。第一人者の旅情推理傑作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。
    二階座席の女
    十津川警部C11を追う
    北の廃駅で死んだ女
    死への近道列車

    「二階座席の女」は,亀井刑事の息子の写真が決めてになる。
    「北の廃駅で死んだ女」は,写真家の死が事件の展開を齎す。

    西村京太郎は鉄道だけでなく,写真も造詣が深いのだろうか。

  • 二階座席の女(宗美智子)

  • 1999.12.24 13刷 514
    高校時代の友人宮下が当時の級友に復讐を画策しているらしいと聞かされ十津川警部はおどろく。八年前、大型バンの事故で宮下が妻を亡くした際、五人の級友が同乗していたという。十津川は半信半疑だったが、その五人を乗せたSLが山奥の鉄橋から墜落して不安は現実化した!第一人者の旅情推理傑作集。
    二階座席の女・十津川警部C11を追う・北の廃駅で死んだ女・死への近道列車

全3件中 1 - 3件を表示

十津川警部C11を追う (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部C11を追う (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする