水晶のピラミッド (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (64)
  • (139)
  • (363)
  • (31)
  • (4)
本棚登録 : 1398
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (742ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061858411

作品紹介・あらすじ

エジプト・ギザの大ピラミッドを原寸大で再現したピラミッドで起こる怪事。冥府の使者アヌビスが500年の時空を超えて突然蘇り、空中30メートルの密室で男が溺死を遂げる。アメリカのビッチ・ポイントに出現した現代のピラミッドの謎に挑む名探偵・御手洗潔。壮大なテーマに挑んだ本格推理の名作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久々に読んだ御手洗シリーズ。
    久々に読んだのに御手洗が重度の鬱だった・・・

    事件が起こる前に
    古代エジプトのお話しがあったり
    タイタニックのお話しがあったり。

    どぅ関係が??
    と思いながら読み進めれば
    意外なトコロで繋がってきたり。

    最後の最後までどんでん返しの
    盛り込まれた作品でした。

  • 古代エジプトの悲恋、タイタニック号の悲劇、そしてメキシコ湾の孤島に出現した巨大なピラミッドで起こる殺人事件!

    三つの時代、三人の語り手によって語られる悲劇が、探偵・御手洗潔によって完結する!

    というわけで、本作も島田先生の十八番・「全然関係ない話に無理くり関係性持たせちゃう」スキルがいかんなく発揮されております(めっちゃ褒めてる)。

    牽強付会も甚だしくない?と眉をひそめる向きもあるでしょうが、現代に出現した怪物が零したある人物の名前にまんまと慄然させられた私は、結局は島田先生の掌で転がされてるんだなと思いました(作文)。

    古代エジプトで生き埋めにされたはずの人物が、現代のアメリカに異形のモンスターとなって出現した?!

    モンスターの目撃情報が相次ぐエリアの中心地にある謎の巨大ピラミッドは、何のために作られたのか?!

    そんなピラミッドを眼下に望む塔の天辺の部屋(密室)で、大富豪が溺死体となって発見される!!!

    謎がてんこ盛りでお腹いっぱいです島田先生ありがとうございます。

    島田作品に関しては、斜め屋敷にも代表されるトンデモトリックが魅力の一つなんですが(叩かれる要因の一つでもある笑)、今作はそのトリックのネタ出しの後で思いもよらない小粒(笑)トリックが披露されたのが可笑しかった。
    これねー、島田先生、一部の偏屈なミステリスキーを挑発してるとしか思えませんよ(笑)。

    「どんなあっと驚くトリックをこっちが考案しても、君達は粗探しするんでしょ?それなら僕こういうショボいトリック書いちゃうけどいいの?ん?」

    って(笑)。

    御手洗が最初に披露した「表向き」のアンサーにかなり早い段階で食いついたのが悔しい(笑)。
    「ある場所」に溜まっていた水が海水だって指摘した御手洗と一緒にドヤ顔になった読者は私ですよクッソー(笑)。

  • 御手洗が出てくるまでが長かった記憶はあったけどまさか400ページも不在のままだとは...。
    御手洗の歳に近くなってから読むと、知性の退化発言は可愛がってた犬の死と自分の年齢から石岡くんを失う恐怖がリアルに想像できてしまったのが原因にしか思えませんでした。いつか永遠に喪うならいっそ今別れたいみたいな...そりゃレオナも「ホモなの!?」って言うわ。否定しないしな。
    タイタニックパートやアヌビス設定は必要だったのだろうかとか考えてはいけない。

  • アメリカに作られた人口ピラミッドの,空中30メートルの密室で起こった溺死の謎に御手洗が挑む。
    序盤はエジプトの過去の話とタイタニック号の船上の話で,300ページあたりやっと事件が起こる。
    正直ダルいなと思いつつも御手洗登場からの展開は一気読み。
    壮大過ぎるスケールとキレキレの推理。
    タイタニックの話もそうだったのねと納得(たぶん)
    寝不足間違いなしの巨編。
    惜しむべきは松崎レオナ(暗闇坂~にも出てた人)が絶世の美女扱いだが,どうしても松崎しげるを連想してしまうところだろうか。

  • 島田氏、また凄い本を書きよって。

    『暗闇坂の人喰いの木』を読んだ時はスケールの大きさにびっくりしたけど、本作品はその比じゃない。
    なんせ、古代エジプトの話と、タイタニック沈没の話と、現代の話がない交ぜに構成され、そこにピラミッドの謎が入り込んでくる。
    現代に怪物も出てくるし、これ、さすがに収拾つかないのでは…と不安にさせられた。

    アメリカのとある島に造られたクフ王のピラミッドをそっくり模した建造物で殺人が起こる。その現代ピラミッドに付属する塔の7階で溺死体が見つかるのだ。そこに『暗闇坂の…』に登場したレオナが絡んできて、レオナが御手洗に解決を依頼して、やっと御手洗登場。
    ピラミッドに関する諸説の話は凄く興味深くて、専門書を読んでみたくなった。
    『暗闇坂の…』の石岡君のスコットランド旅行記が、本作品ではエジプト旅行記に代わる訳だけど、これまた素晴らしい紀行文で、ギザに行きたくなる。島田氏、異文化に触れた人の感銘を表現するのホント上手い。

    古代エジプトのターンも、田舎の娘が都会に出てくる高揚感とか、ギザの美しさとか、景色が目の前に浮かぶような文章で、なかなか読ませてくれた。ここに出てくるピラミッドの原型の様子はおそらく一説に基づく創造なんだろうけど、凄く説得力あった。
    結局現代パートとのリンクはほのめかす程度のものだったけど、読み物として面白かった。

    現代ピラミッドの下部に海からアクセスする通路や秘密部屋があることを御手洗が暴くあたりから「こんなの分かるか!」って気分にさせられて、現代ピラミッドの仕掛けを御手洗が解く場面では「バカミス!!!」とめちゃ突っ込みを入れた。殺されたはずのリチャードの声が幻?えっ、御手洗そんな非科学的な説明で済ませるの??みたいな。

    しかし! そこからの大どんでん返しで本作品は逸品の仲間入りですよ。
    まぁこれも突拍子もないし(禁断の双子オチだし)、密室のはめ殺し窓踏み外して脱出って!(褒めてる)とは思ったけど、ピラミッドポンプ説よりずっと現実味があって納得できた。
    御手洗の頭の良さも堪能できたし。
    レオナの突然の「ホモなの?」発言も良かった(?)。

    島田氏の作品はいつも派手だ。
    最終的には期待に応えてくれた、満足の一冊だった。

  • 本格推理小説の代表作家。ただトリックが大掛かりすぎて、実際には無理だろうというものが多い。でも面白いよ。

  • 御手洗潔シリーズの大作。ボリュームもさることながら、古代エジプト、タイタニック、現代と続く時間と空間の広がりに圧倒されました。ミステリー要素も最後までわからない展開。そしてピラミッドの解釈に驚きです。

  • ピラミッドが王の墓でなかったなら、何であるのか?このことを中心に展開するミステリー。確かに長いのですが、後半の謎解きとその展開は読ませます。

  • なんとなく推理はできたけど、案の定裏切られた。やられました。

  • 今回も長いお話だったけれど全く退屈しませんでした。ただ前半の所がもう少し暗闇坂のようにのちのち関連するのかと思ったからそれは残念。最後はお見事
    御手洗の愛犬が死んだことがショック…御手洗が欝になるのもわかるよ

全108件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年広島生まれ。武蔵野美術大学卒。『占星術殺人事件』での衝撃的なデビューから現在まで日本ミステリー界の旗手として傑作を多数刊行。同時に新人の発掘にも力を尽くしている。現在その読者は世界に広がる。

「2020年 『改訂完全版 毒を売る女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田荘司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水晶のピラミッド (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×