ザ・レッドホースマン (上) (講談社文庫)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : S.クーンツ
制作 : 高野 裕美子 
  • 講談社 (1995年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061858589

ザ・レッドホースマン (上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海軍軍人が主人公なのですが、いつの間にか、完全にエスピオナージになっています。世の中には、株式仲買人から、士官学校の教員とCIA情報分析官などを経由して、大統領にまで上り詰めた人物を描いた物語があるので、この作品だけが、突出しているわけではないのかもしれませんが。

    この時代を考えてみると、物語なので誇張はされていますが、たしかに大混乱で、世界を破滅に導く可能性があったなぁと思います。その意味では、プーチンは、安定をもたらしたと言っていいのかな?よく効く薬は、劇薬なんですね。

  • スティーブン・クーンツのグラフトン少将(ずいぶん読んでないうちに少将に昇格)が活躍するシリーズもの。今回は、かなり込み入ったストーリー仕立てで読者を魅了する。モサドの美女諜報部員のファレルがグラフトンの右腕であるタートキン少佐にイギリスの出版王をナイジェル・ケレンを殺害したのがCIAとほのめかす。さて、この話が引き金になりCIA、新生ロシアのネオナチ、モサドと大きな渦の中に両名は飲みこまれていく。長編力作を予感させる前篇。

全2件中 1 - 2件を表示

S.クーンツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クライブ カッス...
スティーヴン ハ...
スティーブン ク...
スティーブン ク...
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・レッドホースマン (上) (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする