人事権! (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061858831

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルから、会社内の人間関係が複雑に絡み合う話だと想像して購入。

    想像とは少し違い、中間管理職の主人公が多方面に奮闘する話、という印象でした。一般企業で働いていない自分としては、これはこれで面白かったです。

  • ・久々の小説。面白かったが、最後が上手くいきすぎた感があるので、少し減点。

    ・辛抱•我慢すれば、そのうち光がさしてくるってことかな。私も会社員として、それはよくわかる。上に誰が付くかで、会社生活がかなりかわるもんなぁ。好き嫌い人事。

    開業するより収入は安定するが、サラリーマンは狭い中での人間関係が辛いなぁ。

  • 今作が私にとっての初めて体験したビジネス小説。読み始める前は、ストーリーも難解ではないかというハードルのようなものを感じていたが、学生の私でもストーリーを楽しめた。それは想像していたよりも難解な用語が出てこなかったという点が大きい(読み手全員がそう感じるとは限らないが)。
    タイトル通りから、主人公は人事権に翻弄され不幸な結末を迎えるとばかり予想していたが、主人公はなかなか恵まれた環境におり最終的にはハッピーエンドに向かう形で終わる。現実はこうはいかないだろうとも思ったが、フィクションだと切り捨てる程ではないリアリティがあり、人事権の怖さ感じた笑。

  • 損保会社の実力会長に疎まれた宮本専務相沢副部長
    好き嫌い人事はどこでもある
    サラリ-マンの悲哀。

  • 最後は、『え〜!そういう終わり方、なのぉ〜』って、感じだけど、まあ、面白かった。

    そして、『社員5000人の願いです。』みたいなセリフには、ほとほと呆れた。
    そんなん、末端の社員は何とも思ってね〜よ〜って…。
    さらに、自分も、『あ〜、やっぱりサラリーマン向いてないな。』と思った。

  • 最近、高杉良の本にはまってます。この本では、人事権を握っている会長とその周りの人たちの人間模様、人事異動、左遷、後継者選びなどが描かれてます。高杉さんの本は主人公がミドルというのがいいですね。自分もそろそろそういう年頃になってきて(主人公ほどエラくはないのですが)、共感できる部分も以前より増えてきたかなあと感じてます。

    主人公の会長秘書(秘書室次長)は、ある事件をキッカケに会長に嫌われて左遷されてしまうのですが、この事件は元はと言えば会長が自分でまいた種なのに...。結局、この件に関連して自分の後継者といて考えていた常務まで飛ばしてしまいます。正論ではあっても人事権を持つ人に嫌われてしまってはどうしようもないのですね。少しはすり寄るというか嫌われない努力もしないと。

    こんな社長、会長とか言う話じゃなくても、似たような話はどこにでもあります。現に私の近くでも...。そろそろ異動の時期を迎えますけどどうなることやら...。考えさせられます。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いた作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている。他の作品に『金融腐食列島』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『管理職の本分』『破戒者たち 小説・新銀行崩壊』、などがある。

人事権! (講談社文庫)のその他の作品

人事権! (講談社文庫) Kindle版 人事権! (講談社文庫) 高杉良
人事権! (徳間文庫) 文庫 人事権! (徳間文庫) 高杉良
人事権 単行本 人事権 高杉良

高杉良の作品

ツイートする