再び熱血ポンちゃんが行く! (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.28
  • (9)
  • (10)
  • (51)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 137
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859357

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • むかーーし読んだこの本。再読です。

    んーーーー。
    なんか、うっとおしくなってきた。
    山田詠美の日常を書いただけのエッセイ。
    結局はさ~、自分は他人とはちょっと違うんだぞ。私はアメリカ通なんだぞー。私は毎日パーティ三昧のぐうたら作家なんだぞー。でも知識は豊富なんだぞ。
    っていう自慢なんだよね。

    そうそう。
    結局、エッセイというのは自己満足の自己自慢で終わるのよ。
    だから、嫌い。。。。
    せっかく「エッセイもおもしろいじゃ~ん」なんて考え変わってきたと思ったのに。
    もう、エッセイは当分、読まないぞ。

    それに、私は米軍人の妻だしアメリカに住んでるから、山田詠美の書いてること分かるけど、普通の一般的な日本人が読んだら、全くわかりそうもないエピソードとかもあったね。

    ああああ、苦痛の一冊だった。
    やっぱり山田詠美は小説の方が好きだわ。

  • 蔵書から再読。
    何故かというと、いまさらですがC.D.と離婚していたことを知ったから…。芸能?ネタにうとい私です。
    熱ポンシリーズ、大好きだったなあ!
    編集者との飲んだくれネタ。
    そしてC.D.とラブラブだったころの話とか。
    山田詠美さんの文書はリズム感がすごくよくって大好きなのです。

  • なんか、仲間内で飲んで騒ぎまくってるってことに終始してた。
    つまらん。

  • 恐らく永久に彼女のエッセイをよむことはないでしょう。小説は面白いんですが。考え方が合わなかった・・・。

  • 「怠惰」という言葉が何度も出てくるけど、元気そうで楽しそうだ。

  • 新婚生活からの話。笑い溢れるエッセイ集。

全8件中 1 - 8件を表示

再び熱血ポンちゃんが行く! (講談社文庫)のその他の作品

山田詠美の作品

ツイートする