警視の隣人 (講談社文庫)

制作 : Deborah D. Crombie  西田 佳子 
  • 講談社
3.36
  • (3)
  • (11)
  • (30)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859616

作品紹介・あらすじ

ジャスミン・デントの死体からは多量のモルヒネが発見された。前の晩、自殺を思いとどまることを、そして残された時間を肺癌と闘いながら生きつづけることを、仲良しのメグに誓ったばかりなのに。多額の生命保険金を狙った犯罪か。だとしたら全員に動機がありそうだ。大好評キンケイドシリーズ第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キンケイド警視シリーズの2作目。1作目を読んだときにはとてもクラッシクな感じと現代的な雰囲気が巧く融合した作品だと思ったが、今回は作家の円熟を感じる。通常このような展開はシリーズが回を重ね定着してきたところで、趣向を変えてといった感じで出てくるような展開。キンケイドの隣人が死亡してその過去から現在まで関係者たちの背景が丁寧に描かれている。ミステリでなくてもこういった展開で作品が成り立つのではないかと思えるほどだ。逆に推理や最後の謎解きは本当に付け足しのように最後の15ページ位くらいで決着してしまう。3作目ではどんな展開を見せてくれるのか楽しみだ。

  • ジャスミン・デントは、病に冒された身体と長い間、向き合ってきた。病気が自分にもたらす苦しみや痛みから逃れる術を求めながらも、アパートメントの窓から見える、美しい一日の終わりに、心動かされる。隣人のダンカンは、今日も部屋のドアをノックして来てくれるだろうか? 彼の訪問を心待ちにしている自分に気付く。こうして、静かに自らの時間を過ごしていたいと思っていたはずが、彼女には、再び、目覚める朝は来なかった・・・。ジャスミンの遺体を発見したダンカン・キンケイド警視は、彼女の死が、病死ではない思いを強める。では、いったい、誰が何のために、余命短い彼女を死に至らしめたというのか? キンケイド警視は、早速、捜査を始めるが・・・?◆キンケイド警視シリーズ2作目です。シリーズの中で、私が一番好きな作品です。隣人として付き合っていた女性の死に向き合い、その死をきっかけに、彼女の過ごしてきた人生とも向き合うことになったキンケイド警視。1作目では、まだ表現されていなかった、彼の優しさが滲み出ている作品だと思います。キンケイド警視とともに、ジャスミンという女性の人生を探り、彼女の記した日記を元に、彼女の過去に触れていくにつれ、切なさが溢れそうになります。こういう細やかな描写は、女性作家ならではかな、と思います。切なくて、哀しい、そんな味わいのミステリです。

  • 警視キンケイド・シリーズ第2作。

    末期がんに侵されていたキンケイドの隣人が亡くなった。病死と思われたが、遺体から致死量のモルヒネが見つかる。自殺か他殺か判然とせず、捜査が始まる。

    この著者は女性の描き方がうまい(男性は類型的)。特に印象的なのがジャスミンで、冒頭で亡くなってしまうものの、彼女の日記や人々の思い出話のなかに鮮烈な足跡を残している。前作ではそのよさがわからなかったキンケイドだが、本書では優しい人柄がにじみ出ていて好感度アップ。

  • シリーズ二作目。
    キンケイドの階下に住む孤独な女性が亡くなる。末期がんだった彼女は自然死だと思われたが、不自然さを感じたキンケイドは独自に捜査をはじめる。

    あいかわらず女性全般に優しい警視ですが、1作目よりは控え目で紳士的でした。ジェマとの関係は進展なし。

    古本で続刊をもう1冊入手してるのですが、あいだにもう1冊続きそうなので調べてから読む予定!

  • 三月は深き紅の淵を

  • 尊厳死を望んでいた末期癌患者である隣人の死に疑問を持ったキンケイドはジェマと共に捜査に乗り出す。

    死者の関係者は少ないものの、誰もが動機を秘めているように思える。
    関係者一人一人と話をして、そして死者の残した日記を読み、その人生をなぞっていく。その様子が丁寧に書かれている。
    偶然に頼りすぎているところもなくはないけれど、それが気にかかるほどではない。
    前作に比べてジェマの描写が増えていて、彼女が生き生きして見える。それがキンケイドとの関係にも興味を持たせることに。
    このシリーズはきっと謎解きではなく捜査過程を読ませるものであろうから、犯人と動機がおまけのようなのは仕方ないかな。
    それがわかっても十分面白かった。

  • シリーズ1作目を読んだときはなんだか印象が薄かったんだけれど、この2作目はなんだかすごくおもしろく感じた。主人公の警視があまり前に出てこない感じが、今やなんだか新鮮で。警視の隣人である被害者、容疑者やそのまわりの人々のことが、その人々の視線で丁寧に書かれてて、だんだんいろいろなことが明らかになっていく。警視が大活躍するというわけでもなく、地味なんだけど、穏やかさがここちいいというか。そうはいっても、警視の過去や、同僚でシングルマザーのジェマの状況なども少しずつ書かれていて、シリーズもののおもしろさもちゃんとあって。すごく好きなシリーズになりそう。

  • ?1994

  • シリーズ2作目。大好きな英国が舞台で、大好きな猫まで出てきて大満足☆

全9件中 1 - 9件を表示

デボラ・クロンビーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
デボラ・クロンビ...
デボラ クロンビ...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
デボラ クロンビ...
デボラ・クロンビ...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
デボラ・クロンビ...
宮部 みゆき
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
デボラ・D. ク...
パトリシア・コー...
デボラ・D. ク...
パトリシア・コー...
デボラ クロンビ...
パトリシア コー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする