総員玉砕せよ! (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社 (1995年6月7日発売)
3.94
  • (119)
  • (141)
  • (107)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1199
感想 : 136
  • Amazon.co.jp ・マンガ (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859937

作品紹介・あらすじ

昭和20年3月3日、南太平洋・ニューブリテン島のバイエンを死守する、日本軍将兵に残された道は何か。アメリカ軍の上陸を迎えて、500人の運命は玉砕しかないのか。聖ジョージ岬の悲劇を、自らの戦争体験に重ねて活写する。戦争の無意味さ、悲惨さを迫真のタッチで、生々しく訴える感動の長篇コミック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 終戦の年、1945年にニューブリテン島に派兵された500人の日本軍部隊の物語。水木しげるさんの実際の体験をベースに描かれた作品。水木さんの部隊は、この島でアメリカ軍の上陸を迎え撃つことになる。
    戦争そのもの、実際の島での軍事活動・戦闘、どれも悲惨な話だ。
    更に悲惨でやり切れないのは
    ■アメリカ軍との圧倒的な戦力差。この島を守れる戦力を持たないまま任務遂行を強いられること。
    ■兵士が玉砕攻撃を強いられること。生き残った後、捕虜になることは許されず、再度の玉砕、或いは、自決を強いられること。
    ■一番ひどいのは、ニューブリテン島を守ることに、戦略的な意味合いがないこと。
    といったこと。

    そういったことを胸に秘めながら、水木しげるさんは、島で起こったことをあるがままに描かれている。

  • 著者の実体験に基づく戦記漫画はとても貴重な歴史資料でもあると思う。
    記録と伝聞だけでは本当の戦争は伝わらないであろう。
    戦争を知らない私たちに戦争を伝えてくれる人がまた一人この世を去って行ってしまった。
    合掌。

  • 「昭和二十年夏、僕は兵士だった」を読んでここに辿り着きました。

    水木しげるさん、もちろん知っていましたが、描かれたものを読んだことは一度もありませんでした。

    絵のタッチが苦手、というのがその原因です。
    でも今回はそんなこと言っていられない。

    少々、どれが誰なのかわからなくなりますが、そんなこと全然気にせず読めます。

    ずーっと流れる「俺たち何やってんだろ感」。
    ごくごく一般の兵士たちは、ホントにこんな思いだったのかもしれません。
    「日本国を守ってる!」って気持ちになんて、なれないよなあ……。

    そしてやっぱり、戦時中の「偉い人」のほとんどはバカだな。
    玉砕したーって報告したのに生きてたー、そしたらさっきの報告が嘘になっちゃうじゃーん、全員死んでもらわなきゃあ!

    って、なんでそうなる!!
    今だったらギャグにしかならないことを、真剣に、平気でやってんだから怖い。

    原田宗典さんだったかなあ、昔エッセイで、「日本のおばちゃんのパワーはすごい。戦争してるところに、おばちゃんたちをたくさん派遣して「アンタたち、バカなことやめなさいよ」って言わせたら、戦争なんてなくなるんじゃないか」って書いてたけど、本当にそう思う。

    軍医の人が訴えてた言葉が染みました。

  • 水木氏は 本人も南方へ出兵したから
    かなり リアルに描けている マンガです。

    500名もの兵隊が 死守した ニューブリテン島のバイエン。
    生き残るのは だめって そんなの ひどいよね。

    国同士の争いは 命がけではなく
    違う方法で 解決できる方法を 見つけてもらいたいものです。

    マンガとはいえ 内容の濃いものですので
    出来れば 子どもから大人まで
    読んでいただきたい本でした。

  • 日本は捕虜になるのは禁止されてた。だからの玉砕。読めてよかった

  • 玉砕指示が出た隊の兵士は何があっても生き残ってはならないというルールがひどすぎる。冗談みたいな決定事項が真面目に行われている。水木しげるの表現は、その冗談みたいなバカバカしさがよく出ていると思う。冗談のせいで地獄のような経験をして死んでいったのだから本当にひどすぎる。

  • 戦争体験者の水木氏ならではの体験談。
    現在を生きる私達ではとてもコメントなんてする事が出来ないもの。あの戦争とは何だったのか?
    本書でも語られている「あの場所はそうまでして
    守るべき所だったのか?」など考えさせられる事ばかり。上位の人たちの大義名分など露知らずにひたすら耐え忍び死んで行った名もなき人達に感謝と
    ご冥福を祈らずにはいられない。そして私たちは誓うことしか出来ない。もう2度とこの様な事は起こしませんと。あっそれとこれは非常に言いにくいんですが水木氏の描く人物は似てる人が多くて誰が誰だか分からなくなる時がありました。ホントすいません。

  • 今更だけど、水木先生はものすごく絵がうまい
    戦争の理不尽さが伝わってくる作品だ
    水木先生をモデルにした丸山くんが
    ひたすらに食べることに執着してるのも
    生きることへのリアルだと思った

  • 水木しげるは鬼太郎シリーズも最高だけど、私はこの番外シリーズも好き。普通に面白いし、言葉のチョイスとかにもセンスを感じる。

  • 再読。
    水木しげるさんご自身の実体験が描かれてるだけに兵隊目線の日常が淡々と。
    玉砕も悲劇だけど自決も悲劇。

    絵が細かくてお上手。
    生きて帰って漫画家になって、このような作品を残してるのは素晴らしいと思う。

全136件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征。爆撃を受け左腕を失う。
復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。
1965年、別冊少年マガジンに発表した『テレビくん』で第6回講談社児童まんが賞を受賞。
代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などがある。
1989年『コミック昭和史』で第13回講談社漫画賞を受賞。1991年紫綬褒章、2003年旭日小綬章を受章。同年、境港市に水木しげる記念館が開館。
2007年、仏版「のんのんばあとオレ」が仏アングレーム国際漫画祭最優秀賞を受賞。2008年、仏版「総員玉砕せよ!」が同漫画祭遺産賞を受賞。
2010年、文化功労者顕彰。2015年11月、逝去。

「2022年 『総員玉砕せよ! 新装完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
フランツ・カフカ
いとうせいこう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×