総員玉砕せよ! (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社 (1995年6月7日発売)
3.93
  • (100)
  • (118)
  • (94)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 901
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「昭和二十年夏、僕は兵士だった」を読んでここに辿り着きました。

    水木しげるさん、もちろん知っていましたが、描かれたものを読んだことは一度もありませんでした。

    絵のタッチが苦手、というのがその原因です。
    でも今回はそんなこと言っていられない。

    少々、どれが誰なのかわからなくなりますが、そんなこと全然気にせず読めます。

    ずーっと流れる「俺たち何やってんだろ感」。
    ごくごく一般の兵士たちは、ホントにこんな思いだったのかもしれません。
    「日本国を守ってる!」って気持ちになんて、なれないよなあ……。

    そしてやっぱり、戦時中の「偉い人」のほとんどはバカだな。
    玉砕したーって報告したのに生きてたー、そしたらさっきの報告が嘘になっちゃうじゃーん、全員死んでもらわなきゃあ!

    って、なんでそうなる!!
    今だったらギャグにしかならないことを、真剣に、平気でやってんだから怖い。

    原田宗典さんだったかなあ、昔エッセイで、「日本のおばちゃんのパワーはすごい。戦争してるところに、おばちゃんたちをたくさん派遣して「アンタたち、バカなことやめなさいよ」って言わせたら、戦争なんてなくなるんじゃないか」って書いてたけど、本当にそう思う。

    軍医の人が訴えてた言葉が染みました。

  • 水木しげるの実録的戦争漫画。著者によれば90%は実話だという。ラバウルでの日常がときにコミカルに、ときにシリアスに描かれている。飢えた初年兵が魚を喉に詰まらせて死んでしまったり、古兵に理不尽にビンタをされたり。地獄に居ながらも、主人公はやけに能天気だ。戦争で使い捨てされる兵隊たちの悲哀。著者のあとがきが全てを物語っている。

  • 水木しげるの成し遂げてきた偉業の数々を見てあらためてすげーと思う。
    一兵士が戦争に行くところから始まり戦後の生活も含めて描いた自伝。戦闘の展開とか史実はある程度他の本で知識があっても、戦闘中の兵士の様子をここまで詳しくは見聞きしたことがない。今なら人によっては直接体験者に聞くこともできそうだが、これからまた数十年と経った後のことを考えると誰でも触れられる形として残されている資料の価値は高まる。
    細かい戦闘部分に感慨はなかったけど水木しげるという人柄に惚れた。味方の船が攻撃受けてるのを報告せずにおもしろがって観察してる場面は尊敬した。ただし味方にそんなやついたら自分の生死に関わるのでぶん殴る。
    でもそういう性格だったからこそ生き残れたといえる。軍隊なんて真面目にやってたらすぐ死ぬだけだ。特に多大な援助をしてくれた現地住民たちとの交流の話には色々考えた。たまたま戦地がそこになって巻き込まれた住民と、たまたま兵士にさせられて戦争に行った人間があの時代に出会うことの巡り合わせとか縁の不思議さを思わずにはいられない。

  • 戦争で死ぬこと、殺すこと、どちらもむごい、悲しいことだけど、WW2の日本では、玉砕、特攻、集団自決といった作戦とは呼べないような作戦で、多くの人が命を落とした。あの戦争で本当に怖かったのは敵よりも味方だったのでは。うまく言葉で言い表せないが、とにかくやるせない。

  • 2015年11月に亡くなった水木しげる氏が、自身の戦争体験を基に1973年に発表した長編戦記マンガ。1995年文庫化。2009年にフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル遺産賞を受賞している。
    物語の玉砕は、ニューブリテン島ズンゲン(物語ではバイエン)で成瀬大隊(物語では田所支隊)が行ったものとして、戦史上も有名な事件である。二度目の玉砕は現実にはなかったことなど、一部に創作を加えているが、水木氏によれば「90%は事実」だという。水木氏自身は同大隊に所属していたが、空襲による左手切断とマラリアによって生き延びて帰還した。
    太平洋戦争時の日本軍において、軍上層部が下した玉砕や特攻などの合理性のない命令(作戦とすら言えない)は100%批判されるべきものであるが、その命令を受けた兵士がどのような行動をとるべきだったかについては唯一の答はないのではあるまいか。“潔い”か否かという基準で見れば、本作品の1回目の玉砕を生き延びた兵士も、ベストセラーになった『永遠のゼロ』の宮部久蔵も(宮部は最後には特攻を志願して戦死するが)、“潔くない”のかも知れないが、“正しい”か“正しくない”かについては、誰も解答を出すことはできないだろう。
    ただ、偶々生き延びて帰還した水木氏が、マンガという受け入れやすい表現形式で、戦争で起った悲劇を多くの人々に知らしめたことの意義は間違いなく大きく、それに関しては我々は幸運だったと言うことはできよう。
    (2016年1月了)

  • 南方戦線のバカバカしさがよくわかる。バカバカしいなんて言ってはいけないんだろうけどあまりにも無意味だ。新参兵イジメから玉砕まで、人間らしさのかけらもない。部隊の全員が「玉砕」し、一人立ち上がった丸山が結局アメリカ兵に打たれて崩れ落ちる時のセリフ「ああ、みんなこんな気持ちで死んでいったんだなあ。誰に見られることもなく、誰に語ることもできず、ただ…忘れられるだけ…」私はなぜか丸山の腰に下げた水筒とその言葉のコントラストに心を打たれた。そこで犬死をさせるために国が与えた水筒の物質としての強靭さと、それに比べたら儚い人間の生命。しかしその一人一人の生命には家族や友人の生活も深く絡み合い、しかし前線で死に朽ち果てて行く兵隊にはそんなやりきれない気持ちを伝えることもできない…。そんな時代と犠牲の上に我々の時代は成り立っていることを絶対に忘れてはいけない。

  • この作品は真実だと思う。水木作品の中で一番好きだし印象的だ。昨日まで隣に居た人間が死んでいく様子を淡々と語る。でも前に進まなくてはいけない。「生きたいのに生きててはいけない。」こんな現実私は知らない。「生きている人間に同情しない。」という水木氏は死んだ戦友たちのことを今なお思っているのだと思う。

  • 水木先生の戦記。
    だいぶ前に読んだことがあって、また読みたくなったので読みました。

    私は、ラバウル戦記のようなちょっとほのぼのとして、笑えるところもある戦記の方が好きだな・・・と感じました。戦記に笑えるところを求めるのが間違っているのかもしれませんがw
    たんたんと、水木先生のタッチで描かれていますが、結構辛い内容です。

    最後に丸山二等兵も玉砕してしまうのが悲しいです・・・。
    (一部)フィクションだからせめて丸山二等兵を元気に生還させてあげて、と思いましたが、現実には丸山二等兵のように亡くなった兵士の方々が多くいたのだから、これが真実なのかもしれません。合掌。

  • 戦争のすさまじさがつたわってきた。

  •  「総員玉砕せよ!」とは、凄い題名だと思う。
     武士道の考えが歪んで広まったのか、軍が洗脳教育の一環で広めたのかは分からないが、玉砕命令を出してしまうほど白黒の判断が出来なくなることが恐しい。戦争の恐ろしさ、おぞましさが改めて感じた。
     本書の中で印象的だったのは、「日本本土が攻撃されている時に、ニューギニアのジャングルをなぜ命をかけて守る必要があるのか」というところがあります。結局、皆んなが疑問に思っていても、状況に流され、玉砕するのです。このような事は、昔の話だけではなく、この現代でも同じようなことがあると私は思っている。

全107件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名、武良茂。1922年(大正11年)生まれ。鳥取県西伯郡境町(現・境港市)で育つ。幼い頃から物語をつくる力に優れ、また天才的な画力を発揮。高等小学校在学中に個展を開き、新聞に絶賛される。しかし学業のほうは芳しくなく、一旦は上級学校への進学を断念するが画家になる夢は諦めず、仕事の傍ら塾や独習で画力を磨く。
やがて太平洋戦争の召集により、南方の激戦地に送られマラリヤと爆撃で左腕を失うが、九死に一生を得て帰還する。
戦後は様々な職業を経て、紙芝居作者、貸本漫画家となり、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で講談社児童漫画賞(現・講談社漫画賞少年部門)を受賞。その後『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』とヒット作を続けて発表、日本を代表する国民的漫画家となる。
近年、夫人との暮らしぶりがNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で描かれ、爆発的なブームを巻き起こした。
紫綬褒章、旭日小受章、文化功労者の栄を得て、世界各国の漫画賞も受賞し、漫画史に名を刻む存在となった。
2015年11月30日、逝去。享年93。

「2018年 『ゲゲゲの鬼太郎(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
武良 布枝
吾妻 ひでお
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

総員玉砕せよ! (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする