緋色の囁き (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (119)
  • (210)
  • (506)
  • (56)
  • (18)
本棚登録 : 2087
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859999

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 囁きシリーズの一作目。女学園で生まれた悲劇を描く。シリーズになってるくらいだから期待してたのだけどあまり合わなかった。主人公が女性の話は単純に感情移入しにくいのかも。

  • 舞台となる聖真学園の空間自体が異質で、雰囲気抜群でした。
    誰が犯人でも納得してしまいそうなほど暗い感情を抱えた人ばかりで、何が怖いかも分からなくなるような雰囲気で。
    不穏さを残したラストも好きです。

  • 閉鎖的な女学園で次々に起きる惨殺事件。
    描写が生々しくて怖かったけど、真相知りたさに最後まで読了。

  • 物語の序盤はミステリ的な色合いが濃いものの、次第にホラー色が強くなっていきます。閉塞感漂う環境での、お嬢様たちの薄暗いやりとりが気味悪かったです。最後まで飽きさせない展開で面白かったです。
    ただ、犯人の動機や人間関係は安易過ぎるような気がしました。

  • 『Another』を読んだのち、この作品を読み始めたので、いわく付きの学校、怪しげな級友たち、代々伝わる怪奇談…と設定が共通しているように感じて、あっという間に読了☆
    いっぱいミスリードされたけど、楽しめる作品でした(*^_^*)

  • ミスリードが上手く、今回もしっかり騙されてしまいました。
    ただ物語は意外と平坦でこれといって大きな山場がなかったのが残念です。

    また冴子を脅かす「血」の描写は妙に気持ち悪く不快でした。

  • ホラー系ミステリーはよく読むけれど、グロテスクところが少し苦手です。学校が舞台のものか好きなので雰囲気は好きでした。

  • 館シリーズとは違う趣を感じさせる作品。「本格」ではないけれど、耽美的で妖しげなところは好みです。謎解きを楽しむと言うより、ストーリーや作品の持つ雰囲気を楽しむ方が良さそう。思わせぶりなラストもなかなか印象深くて良かった。個人的には、映画化して欲しかった作品だけど、もう無理でしょうね。

  • 綾辻の文章は読みやすい。

  • Anotherに近いかも。
    開かずの間で焼死した自称魔女。
    クラスの異様な雰囲気。
    次々と殺されていくクラスメイト。
    おもしろいです。

全208件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

緋色の囁き (講談社文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

ツイートする