緋色の囁き (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (119)
  • (210)
  • (506)
  • (56)
  • (18)
本棚登録 : 2087
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859999

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名門である聖真女学園のその寮で、主人公・冴子が転入してから凄惨な殺人事件ばかりが起こる。そんな中、冴子は自分が犯人ではないかという疑惑を抱いていた。
    耽美な香りをぎゅっと押し込んだ濃密な背徳感に、恩田陸さんの「麦の海に沈む果実」を思い出しました。閉鎖的な学園で起こる事件と共に、明らかになるお嬢様たちの本性。こんな風に管理されて、お人形みたいに特別扱いされてみたかった。

  • 学園ホラー。女子校という舞台設定に違和感が。しかしこの話、「眠れる森」(ドラマ)に似てないか。家族の惨殺、封印された記憶.....。T
    氏より

  • ミッション系スクールってちょっと憧れる。

  • 囁きシリーズ第一弾にして、綾辻行人にしては珍しい学園モノ。サスペンス色が濃く、本格ミステリーからはやや距離を取っているものの、フーダニット的要素はある。登場人物たちも男性が出てきたという印象があまりなく、女性だらけという印象が強い。これはダリオ・アルジェントの『サスペリア』をヒントに執筆したそうなので、今度観てみたい。

  •  心機一転で、今度は苦手な綾辻作品に戻る。女学園が舞台のミステリー(これだけでも少し苦手感が先行するなぁ)。

     殺人鬼のような文体で「オカルトか!」と思ったが、結果的には正統派。なかなかしっかりとしたストーリーで破綻もない。

     登場人物の無駄遣い感はあるものの、きちんとした正統派ミステリーで少し安心。好みではないが、上手にだますテクニックに感嘆。なかなかいい作品だな。

  • 犠牲者達それぞれの目線で描いたシーンは、恐怖感を肌で感じられるような見事な筆力で、ホラー小説として読めば楽しめる。ただし、推理小説的な要素は皆無なので、綾辻ミステリーの、論理的に計算し尽くされた、知と知のせめぎ合いのようなものを期待している自分にとっては、少し期待外れだった。

  • 血だ血だ言い過ぎ…とも感じるが、それでも話を引っ張る技術と、全寮制女子高というちょっと異様な雰囲気で、後半は一気読み。
    エンディングも毒があって、ニヤリとさせられた。

  • おばちゃんの集団も恐ろしいけど女子高生の集団はいろんな事が未熟な分よりいっそうおっそろし~

    最後の心の囁きが不気味・・・。

  • この不安定感は「綾辻節」。ミステリではなくホラーとして読むと、犯人にはわりと驚けるのではないかと思います。

  • <ブックレビュー>
    本格ミステリというよりサスペンス。魔女にまつわる怪談が残る閉鎖的な学園で次々と連続殺人が起き、夢遊病を持つ主人公が自分が犯人ではないかと疑い、周りからも魔女と疑われていき・・・。
    真犯人は誰か?というフーダニットのミステリにはなっているが、トリックよりもシチュエーションや雰囲気に重きを置いているので、本格ミステリ的な驚きは薄かった。

全208件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

緋色の囁き (講談社文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

ツイートする