ウィルフレッドの山登り (講談社の翻訳絵本―のばらの村のものがたりシリーズ)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061878662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 秋、ウィルフレッドがはたおりねずみのリリィとフラックスの家で探検家の本を読んでいた。
    ハイ・ヒルズの山に毛布を運ぶことになり、ウィルフレッドもついて行くことに。
    装備品は本に書いてあったものをばっちり用意した。
    山の家に着き、毛布を渡して帰ることになるが、ウィルフレッドはまだ冒険がしたい。
    そこで、アップルおじさんと一緒にゆっくり帰ることに。
    ところが、ウィルフレッドが岩を登り、降りれなくなり、アップルおじさんが助けに登る。
    そうしているうちに夜になってしまい、野宿することに。
    ウィルフレッドが本で読んだ装備品を使って火をおこしたりして一夜を過ごす。
    帰りはいかだを作って川を下って、無事村まで帰ることが出来た。
    村のみんなに冒険話を聞かせると、金は発見出来なかったけれど、珍しい植物を見つけたことが分かる。
    ウィルフレッドは満足してベッドに入るのだった。

    探検家気分。
    本の中身がそのまま役に立つことも。

    巻末に登場人物一覧が載っていたけれど、最初からいろいろなねずみが出てきたので把握しにくかった。
    シリーズものの読者が対象というのもあるのかも知れないけれど。

    左が文章で右が絵。
    絵本とはいえ、文字量は多め。
    絵が細かくてきれい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1951年、ロンドン郊外のエピングの森の近くで生まれ、幼い頃から自然に親しむ生活を送る。13歳の時に網膜剥離を患ったことをきっかけに、美術や生物学に関心を持つようになる。ロンドンのセント・マーチンズ美術学校に通学時、『野ばらの村の物語』の構想を得て、1980年にハーパー・コリンズ社よりシリーズとしてリリース。13ヶ国語に翻訳され世界的な大ヒットを記録する。1981年第16回世界絵本作家原画展(至光社、丸善共催)みみずく賞、1982年度ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。

「2021年 『野ばらの村のピクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジル・バークレムの作品

ウィルフレッドの山登り (講談社の翻訳絵本―のばらの村のものがたりシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×