のばらの村のものがたり(6)ウィルフレッドの山登り (講談社の翻訳絵本)

  • 講談社
4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061878778

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 青い夜空って、とても自然に感じます。都会の空は青ではなく黒いと思うので。
    大変な山登りも、夜の闇の中の時間も、ウィルフレッドを大人にする冒険です。

  • シリーズの中で樹木断面図wのない巻。

    色使いなんかも、晩秋の山ということで灰色みが強かったりしてちょっと異色な感じがします。
    川下りのシーンの絵とか好き。

  • やはり綺麗。圧倒される。だけどひみつのかいだんのほうに断然ロマンを感じる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年、ロンドン郊外のエピングの森の近くで生まれ、幼い頃から自然に親しむ生活を送る。13歳の時に網膜剥離を患ったことをきっかけに、美術や生物学に関心を持つようになる。ロンドンのセント・マーチンズ美術学校に通学時、『野ばらの村の物語』の構想を得て、1980年にハーパー・コリンズ社よりシリーズとしてリリース。13ヶ国語に翻訳され世界的な大ヒットを記録する。1981年第16回世界絵本作家原画展(至光社、丸善共催)みみずく賞、1982年度ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。

「2021年 『野ばらの村のピクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジル・バークレムの作品

ツイートする
×