オツベルと象 (宮沢賢治どうわえほん)

  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061881884

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "おや、川へはいっちゃいけないったら。”

    このオチが頭からはなれません。

  • 短い図書の時間に読み聞かせをする勇気はないが、子どもの状態などによっては読めるかとおもう。例えば、30分かかっても「番ねずみのヤカちゃん」なら、中学年くらいまで行けると思うが、これはお話の聞ける少人数とかでないと難しいかも。(技量が足りないので)そんな日がくるといいな。(20分)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オツベルと象 (宮沢賢治どうわえほん)のその他の作品

宮沢賢治の作品

ツイートする