カモノハシのプラティ うれしいいちにち (講談社の翻訳絵本)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784061892347

作品紹介・あらすじ

こんにちは!カモノハシのプラティです。なんだかきょうは、いいことがありそうなきがするよ。だから、たこあげにいくことにしたんだけど…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今日はいい日だと思うプラティの前向きさがかわいらしいです。

  • 絵がかわいかったので

  • チャレンジする勇気とポジティブについて教えてくれる。
    絵がかわいい

  • 朝起きたら、布団の中に大好物のバナナを見つけたのでご機嫌となったプラティの、とっても大変だけど前向きな?一日です。

    個人的にはカモノハシの好物がバナナって変でしょとか、部屋が汚すぎ!とつっこみたくなる箇所満載なのですが、それをおいても朝のラッキーな出来事から本気でラッキーさを信じているのか、はたまたホントに楽天的なのか、「ぺネロぺちゃんみたい」と3歳の息子が指摘したように色々な出来事が起こります。けれども「人間万事塞翁が馬」を思い出すかのように、それらを全て「でもラッキー」と受け止めるプラティ。途中からは尊敬しそうになっちゃうくらいです。

    それでもやっぱりへこたれちゃいますが、最後はやっぱりハッピー?エンド。もちろんそこもつっこみドコロ満載の終わり方でしたけどね!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2015~2017年の英国〝子どものためのローリエット〟に選ばれるなど数々の実績のあるアーティスト。オブザーバー紙の政治風刺画家としても活躍。子ども向けの作品で高い評価を受け、2001年、2004年、2016年のケイト・グリーナウェイ賞をはじめ、たくさんの主要な賞を受賞。2013年、『Goth Girl and the Ghost of a Mouse』でコスタ賞を受賞。また画家活動やチャリティ活動が評価され、大英帝国勲章を授与。現在、家族とともに英国南東部ブライトン在住。

「2022年 『不思議の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリス・リデルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×