時の輝き (講談社X文庫―ティーンズハート)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (20)
  • (11)
  • (54)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 192
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061905788

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 泣ける話なんだけど
    自分
    もう若くないと思った

  • ふと読みたくなって再読。折原作品の中で一番好きな話で、少女小説を読み始めるきっかけにもなった作品のひとつ。いっちばん最初に読んだのは中学生の時で、未だに所有している。時間の大切さや、生きることの素晴らしさなど、大事なことを教えてくれている気がします。主人公のひたすらまっすぐで純粋な心に感動しました。続編があるけど、私はこの巻が好き。
    http://lettura.blog86.fc2.com/blog-entry-20.html

  • 王道で、とっても折原みと先生カラーの作品。
    涙腺が崩壊します(;_;)

  • 看護学生・由花の実習先にバイク事故で入院してきたのは中学の時好きだったシュンチ。やがて骨肉腫を患った恋人・峻一(シュンチ)は彼女を遠ざけようとするが、彼女は彼を最後まで看取ろうと最後まで側にいる。

    若いゆえにすごく純粋でティーンズハートにしては重く切ない話だった。

  • 奄美大島などを舞台とした作品です。

  • 学生時代に流行ったティーンズハートを、久々に再読。看護学生・由花と骨肉腫を患った恋人・峻一の話。切なくてウルウルきてしまった。

  • 超ベタ。王道。折原みと節が全開。2と併せて読んで下さい。2冊でようやく描ききる感じ。

  • ティーンズハートの小説の中で、恋人の死を題材にしたものって折原みと作品くらいしかないんじゃないかな(あったらごめんなさい)

    しかもいきなり死んでしまうわけではなく、闘病生活を看護師の卵として一緒にいるってかなり壮絶だと思う。
    小学校の3、4年生くらいにこれを読んだ時は、すごいショックだった。
    でもこれが人生なんだな、愛なんだなって思った。

    思春期に読む恋愛小説や漫画ってハッピーエンドになってはいお終いなものが多いけど、こういうお話がもっとたくさんあっていいんじゃないかな。

  • 私が最初に読んだおりみと作品。
    看護学生と元同級生のお話。

    なかなかピュアな恋愛だよね、うん。

  • とても懐かしい漫画

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年に少女マンガ家として、87年に小説家としてデビュー。91年刊行の小説『時の輝き』が110万部のベストセラーとなる。講談社ホワイトハートの人気シリーズ『アナトゥール星伝』や同コミック版(ポプラ社)、KCデザートコミックス『天使のいる場所~Dr.ぴよこの研修ノート』『永遠の鼓動』、小説『制服のころ、君に恋した。』『天国の郵便ポスト』『幸福のパズル』(以上、講談社)『乙女の花束』『乙女の初恋』(ポプラ社)といったマンガ、小説の他、エッセイ、絵本、詩集、料理本、CDなどで幅広く活躍。2017年に小説家デビュー30周年を迎えた。


「2021年 『きみと100年分の恋をしよう 大人になりたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折原みとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×