おしり (講談社の幼児えほん)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (25)
  • (20)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 236
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061938410

作品紹介・あらすじ

三浦太郎が描く赤ちゃんと動物の「おしり」 ぶたさんのまあるいおしり、ぞうさんの大きなおしり、大好きな動物達の後は、かわいい「わたし」のおしりがオムツの下に! 1歳から2歳の赤ちゃんにぴったり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵も可愛いし、文章もかわいい。
    読み聞かせではゲストとしてわが娘が読み聞かせ。
    子どもでも簡単に読めるし、子どもの声で読んでもとっても似合う本だなと思った。

  • 1歳9カ月
    安定の三浦太郎さん
    反応は普通。
    すごい読まれているみたいでかなり年季が入っていた。

  • 可愛らしい、いろんなおしり♪

  • 図書館で借りた

  • 妹が図書館で借りた

  • あひるさんのふわふわおしり、ぶたさんのまあるいおしり・・・
    おしりに注目したかわいい絵本。
    三浦太郎さんの優しい絵に癒されます。

  • 768
    4y5m
    じ。が読んでもらってるのを後ろからチラチラ覗いては、うふふ。って言ってる。

    じ。115
    1y9m
    めちゃ好きらしい。即5回リピート読み。

  • シンプルだけど、とにかく可愛い。大きかったり、小さかったり、もふもふしていたり。娘も自分のおしりを指差しながら喜んで聞いています。娘のきゅっと上向いた、ちいさなおしり。頬ずり(しないけど)したくなるほどスベスベ。羨ましい・・・(1歳7ヶ月)

  • 1:7 おしりも好き。肛門期かねえ。

  • 娘のお気に入り

    購入しようかな

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三浦太郎
1968年愛知県生まれ。大阪芸術大学美術学科卒業。 ボローニャ国際絵本原画展入選。 『ちいさなおうさま』 で第58回産経児童出版文化賞美術賞。おもな作品に、『くっついた 』、『バスがきました』、『りんごがコロコロコロリンコ』、『CO2のりものずかん』、『おとうさんのかさ』、『よいしょ』『とどくかな』『まかせとけ』 (はたらくくるまシリーズ)などがある。

「2019年 『おうさまのこどもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

おしり (講談社の幼児えほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする