豊臣秀吉(4) (山岡荘八歴史文庫)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (1)
  • (12)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061950184

作品紹介・あらすじ

上洛一番乗りを果たした信長だが、周囲は敵ばかり。越前朝倉攻めの最中には妹お市の婿浅井長政にも背かれ不覚の退却。殿軍で名を挙げた秀吉は、続く朝倉浅井攻めの功で14万石の大名に大出世。だが、一向宗徒2万の焚殺、比叡山焼打ちで信長の悪名は高まる。その頃、秀吉は備中高松城水攻めの最中…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/8/4

  • お市の方輿入れから中国征伐まで。歴史的に有名な合戦シーンなどはサクッとすっ飛ばして、そこに至る過程が描かれているのが面白い。次はいよいよ本能寺の変か。

  • 高松城攻め、山崎合戦、清洲会議

  • あくまで秀吉主観で織田家の近畿攻略が描かれている。松永久秀との掛け合いなどは大変興味深い。また高松城の水攻めの背景なども描かれていて面白い。(どちらも史実かどうかは知らないけど。)
    ただ朝倉家、浅井家の滅亡とか、比叡山焼き討ちとかは、「織田信長」に詳しいので、こちらではかなり省略されている。

  • 【26/150】1日ぐらいで読んだけど、信長編とかなりかぶっているので、小説としてはあんまりおもしろくないな。残念。次刊からは本能寺の変があり、秀吉の物語になる。

  • 読み終わったのは昨日の夜。

    市姫輿入れ、信長上洛戦、比叡山焼き討ち、浅井朝倉戦。

    面白いです。

  • サクサク

  • 89年5刷本

全8件中 1 - 8件を表示

豊臣秀吉(4) (山岡荘八歴史文庫)のその他の作品

山岡荘八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

豊臣秀吉(4) (山岡荘八歴史文庫)はこんな本です

ツイートする