豊臣秀吉(6) (山岡荘八歴史文庫)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (1)
  • (11)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061950207

作品紹介・あらすじ

新しい時代の旗手たらんとする秀吉と織田家第一の猛将柴田勝家の対立がついに火を吹いた。だが旭日と斜陽の力の差は歴然、賤ケ岳では鬼小姓加藤清正らが"七本槍"の功名をあげる。3人の幼い姫(のちの淀君ほか)を秀吉の手にたくした勝家は、お市の方(信長の妹)と共に、北国のぐれんの炎のうちに滅んだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/8/10

  • 賤ヶ岳の七本槍とか。

  • 長久手、文禄、慶長
    権力を握った者のとちくるいも、死を以て御破算となる。。

  • 秀吉がだんだん天狗になっていく感じ。蜂須賀とか半兵衛と未来を語らっていたときは武士らしさがあったけど、あの頃の理想を持ち続けているのだろうか?

  • 【30/150】柴田勝家との賤ヶ岳の合戦が中心。第6巻は面白かった。

  • 読んだ。

    VS 柴田勝家戦です。

  • このあたりになってくると
    だんだん面白みが…

  • 91年6刷本

全8件中 1 - 8件を表示

豊臣秀吉(6) (山岡荘八歴史文庫)のその他の作品

山岡荘八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする