伊達政宗 (8) 旅情大悟の巻(山岡荘八歴史文庫58)

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (20)
  • (21)
  • (49)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :202
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061950580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史は苦手。しかも戦国武将のうち一人にしぼって読みはじめ、読みきる自身 全くなかったけど、完読!
    伊達政宗、最高に好き。

  • 最終巻、この「旅情大悟」という言葉が無性に沁みた。
    素晴らしいエピソードに囲まれた生涯だった筈なのに、何か端々に「惜しかった」「あとちょっとこうだったらよかったのに」というものも付いて回った。
    「これは叶わなかった、でも代わりにあれが叶った」の繰り返しで人間の短い生涯って終わっちゃうのだろう。
    どんなに凄い人間でも100年は保たない。
    日本の頂に立つ事を夢見て突っ走って、自らの限界も知って、70年で去った。
    感動している暇があったら精進しろと叱られそうである。

    些細な事で「もういやだ」となったら、何度でも読み返そうと思う。

  • 生涯成長を続けた男、伊達政宗。本物の武将が、本物の政治家がここにいます。かっこよすぎでした…!!
    人を知り、世を知り、己を知る。本物の大人です。

  • あっぱれじゃ
    流石は伊達者
    死に様まであっぱれじゃ

  • 未読

  • 最終巻…だよね?
    ご立派な最後でした。政宗様っ!!
    (う∀`)
    持て余すほど読み応えがあったのに、まだまだ読み足りない。政宗様の一生は波乱万丈だったんですね。

  • 山岡先生の文章は読み易い上に人間らしい心理──美しさも醜さも悲しさも──がすごいナチュラルに描かれてて好感が持てた。
    徳川家康よりこっちの伊達政宗の方が支持多いって意味は良く分かる。人生そのものがドラマチック過ぎだよな伊達さんは……。
    2007.6.9.読了

全8件中 1 - 8件を表示

伊達政宗 (8) 旅情大悟の巻(山岡荘八歴史文庫58)のその他の作品

山岡荘八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

伊達政宗 (8) 旅情大悟の巻(山岡荘八歴史文庫58)はこんな本です

伊達政宗 (8) 旅情大悟の巻(山岡荘八歴史文庫58)を本棚に登録しているひと

ツイートする