緑色の休み時間―広太のイギリス旅行 (わくわくライブラリー)

著者 :
制作 : いせ ひでこ 
  • 講談社
3.98
  • (18)
  • (8)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061956056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生の頃、のめりこむように何度も読んだ。
    まるで少しだけ悪い事をしているような感覚で、どうしてそう感じたのかは解らないけど、私はいつも母の鏡台の下に潜り込んで、一人ぼっちで読んだ。
    この本の世界を、誰にも壊されたくなかったんだ

  • 小学生の頃に学校で課題図書になって、作文を書いた覚えがある。
    課題図書になる本でちゃんと面白くて
    作文を書くのが苦にならないことはあんまり無いので
    この本のことはよく覚えている。
    多分、三度目くらいの読み返し。

    ろくに言葉が通じないけれど、現地で出会った少年と
    心を通わせる物語が心地良い。

    嫌な大人も出てこないし、千里や妹も広太を困らせるような
    言動をしない点も良い。

    ランドルとうまく言葉が通じないもどかしさの中だからこそ
    育まれる友情が微笑ましく、
    古城や牧場などのウェールズの描写もとても美しい。
    結局ランドルとはどうなるのか、ランドルはどうするのかが
    敢えて描かれないところがまた良いと思う。

  • 小学校の時に市立の図書館で読んでからずっと好きな本。

  • 小学校のときに気に入って、図書館で何回も借りて読んだ本。
    思い出して読みたくなり、アマゾンで探して買った!

    そうそう、こんな話やったなあ・・・という感じ。広太とランドルが仲良くなっていく過程がかわいい。この子とぜったい仲良くなりたい!みたいな気持ちってみんな持ってるし、特に小学生くらいなら直感で思うはず。
    この作品では、それがなんと外国人で、言葉が通じないもどかしさがある。
    でも通じなくても、一生懸命ジェスチャーや単語でなんとか伝わる。
    結局、伝えようとする気持ちなんやなあと思った。

    ・・・こうやって大人になってから読むと、広太と千里はなんて裕福な家の子なんやろうと思う(笑)

    でも、何回読んでも、何年たって読んでもいいわあ~。

  • 小さなころ、図書館で何回も借りたたからものの本です。
    もうどこを探してもなくて、あきらめたまま大人になったら、銀閣寺のすぐそばでふいに入った古本市で再会しレジに走りました。
    緑色の時間がほんとに頁に詰まっているような本です。

    絵、いせひでこさんやったんやなぁ、私あんなちっちゃい時から、いせひでこさんの絵、好きやったんやなあ。

  • ウェールズに行って、この本を初めて読んだときのような風や緑を体感したい。

  • 『イギリスはおいしい』の感想書いてたら懐かしくなってしまった。

    小学生のとき、推薦図書かなんかだった。
    言葉が通じないながら友達になったり、古城だったり、コンテナの部屋にに寝泊まりしたり、子供の憧れがつまってたなあ。
    行ったこともない私が『イギリス(というよりウェールズ)はいいところ!』と思い込んでいる原因の本。

    今はもう手元にないのが残念。もう一度読みたいけど、BL的に見てしまう予感がするので、これでよかったのかも(笑)。

  • 初読は小学校2年生。
    言葉の壁を越えてのコミュニケーション。
    憧れていた冒険や、自然とのふれあい。
    小学生のころは毎年夏休みになると読んでは、昨年分からなかったことが分かるようになって、毎年わくわくして読んでいました。

    気づくと、家の本棚から消えていたのがとても悲しいのですが、大人になった今。また読みたいと思う本です。

  • 小学生の頃、昔は本を読むのも一苦労だった時代に私に大きな影響を与えてくれた本です。
    学校図書で借りて読書感想文を書かなければと思って読んだのですが、今ではあの装丁すらも切なくなる程懐かしい思い出です。

  • 今でも初夏になるとフッと思い出す、爽やかで綺麗なお話だったような

全17件中 1 - 10件を表示

三輪裕子の作品

ツイートする