怪盗道化師(ピエロ) (わくわくライブラリー)

制作 : 楢 喜八 
  • 講談社 (1990年4月発売)
3.63
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061956384

怪盗道化師(ピエロ) (わくわくライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はやみねさんのなんでも盗んじゃうぜハートフルストーリー

    60歳くらいの、書店のおじさんと愛犬ゴロが
    町で困ってるひとの依頼を受けてなんでも盗む話

    設計図を書き変えるとか
    変装のマスクを作るとか

    無理なんじゃ・・?って思うところも何個かあったけど
    まあ子どもが読むやつだしいっか
    って感じです

    宇宙人とかホタルの精?とかファンタジーな話もあるから
    あんまり固く考えちゃだめなんだろうなー

  • 私の大好きな作家、はやみねかおる先生の出発点とも言える一冊です。
    はやみね先生の物語はいつも、何か訴えてくるものがあり、子供向けながら考えさせられます。
    今の作品に比べると少しぎこちない感じもしますが、随所にはやみね先生らしさがあり、とても面白いです。

  • これは子どものときに読みたかった。押しつけるようではなく、さりげなく大切なことがつまってる

  • はやみねかおるさんのデビュー作。

    短編……というより、掌編の連載かな?
    怪盗道化師がどんでの町で活躍します。

    どの話もおもしろいけれど、私のお気に入りは「第12話 ネズミのビックマム」です。

    ラストはびっくり!はやみねさんらしい終わりです。

  • 人気児童作家 “はやみね かおる”の初期作品。
    学校の先生をしている人らしい内容です。

    最近の作品のほうがワクワクしてトリックもよく出来ているけど、この本も、はやみねさんの作品の大元という感じで、ほんわか楽しめました。

  • 一回絶版になってた本だったけれど復活されてたので即効購入したもの。正直怪盗、と言い難いけれど、このおじいさん(主人公)が優しくて終わり方もなんかおじいさんらしい終わり方だった。

全7件中 1 - 7件を表示

怪盗道化師(ピエロ) (わくわくライブラリー)のその他の作品

怪盗道化師 (講談社青い鳥文庫) 新書 怪盗道化師 (講談社青い鳥文庫) はやみねかおる
怪盗道化師 (講談社青い鳥文庫) Kindle版 怪盗道化師 (講談社青い鳥文庫) はやみねかおる

はやみねかおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
はやみね かおる
有効な右矢印 無効な右矢印

怪盗道化師(ピエロ) (わくわくライブラリー)はこんな本です

ツイートする