つるばら村のレストラン (わくわくライブラリー)

  • 講談社
4.00
  • (9)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 82
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061957251

作品紹介・あらすじ

月見が原のシラカバ林のなかに、古い山小屋がありました。山小屋のまわりには、カタクリの花が、うすべに色のじゅうたんをひろげています。コックの卓朗さんは、そこでレストランをはじめることにしました。ふしぎなお客さんとの出会いがうみだす、季節ごとのおいしいお料理ファンタジー。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  このシリーズ、シリーズが進むにつれて、何だかなぁ…て思うことがあったけど、今回は無理もなくて、おもしろかった。

     これだけ読んでも分かるけど、今までになく前作との繋がりが強かったから、前作を読んでたほうがおもしろいと思う。

     それにしても、レストランなのに、冷蔵庫がなくていいの…?

  • 卓朗さんのレストラン、いいなぁ。行ってみたい。
    色んな可愛いお客さんが集まるのもよくわかる。

  • 娘と図書館通いをするようになってすっかりお気に入りになった一冊。
    暖かく楽しいちょっと不思議なお話

  • 林の中の 山小屋レストランで出逢う、不思議な人(?) たち♪

  • お料理、お店の雰囲気、ロケーションといいとても素敵なレストランだって思いました。本当にあったら絶対行ってみたいです。

  • >大人気ロングセラー つるばら村シリーズ
    月見が原の古い山小屋――、レストランの開店です!
    季節のおいしさたっぷりの、お料理ファンタジー

    「キツネの手品」「まほうのハンカチ」が特に好きでした。
    レストラン山小屋のコック卓朗さんが作る真心こもったお料理がとても美味しそう。

    不思議なお客さん達(主に動物達)との交流はほのぼのとしていて温かい気持ちになりました。
    青葉アルコールの話や雷が鳴るところにキノコがよく生えるという言い伝えは知らなかったのでいい勉強になりました。

  • 主人公のたくろうさんが山小屋でレストランをひらくお話で、シチューをメインとして、メニューを作るところが好きです。

  • ★★★☆☆
    茂市ファンタジーを、もう少しきかせてほしかったかな。
    でも、おいしい一冊です。
    (まっきー)

  • 山の中にレストランか~。
    あったらいいなー

全9件中 1 - 9件を表示

茂市久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする