たんじょう会はきょうりゅうをよんで (わくわくライブラリー)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061957817

作品紹介・あらすじ

父さんにもらったハガキで、ほんかくてきなしょうたいじょうを作って、ほんかくてきな部屋のかざりつけをして、母さんにもほんかくてきなりょうりをたのんでおいた。じゅんびはかんぺきだ。──本文より。
郵便屋さんの手違いでたんじょう会にきょうりゅうがやってきた。でも、
「まちがいだから帰ってください、なんていえない。それはきっと、ほんかくてきじゃない。」
それにきょうりゅうは初めてのパーティに出席するためにマナーを勉強してきたらしくて、とてもお行儀が良いのだ。でもきょうりゅうがケーキを食べるとたいへんなことがおこって……。

 「れいぎ正しくすること」は、「ほんかくてき」なことで、ちょっと背伸びをするような、ステキなことだと思って楽しんでいる、ぼくときょうりゅう。

たんじょう日という子どもにとっては一番のハレの日を舞台に、マナーを大切にすることが、ちょっと「ほんかくてき」でわくわくすること、お友達ともっと仲良くできるステキなこととして可愛らしく描かれています。新鮮な視点に大人もはっとさせられる楽しい作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  たんじょう会のしょうたいじょうが、何かのまちがいできょうりゅうのところにとどいたみたいで、ぼくの家にきょうりゅうがやって来た。
     とりあえず家にあがってもらったけど、友だちたちはみんなこわがって帰っちゃった。

     しかたがないのできょうりゅうとふたりでたんじょう会をすることに。
     

  • 手違いで誕生会にやってきたきょうりゅう。礼儀正しくてなんだかにくめない。オチもまたよいですね。

  • ちょっとビックリだけど こんなきょうりゅうくん、誕生日パーティに来てほしい♪ (〃∇〃)ノ由☆

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

如月 かずさ(きさらぎ かずさ)
1983年群馬県生まれ。『サナギの見る夢』で講談社児童文学新人賞佳作、『ミステリアス・セブンス』でジュニア冒険小説大賞を受賞。作品に「怪盗王子チューリッパ!」、「パペット探偵団事件ファイル」などのシリーズ、『カエルの歌姫』(日本児童文学者協会新人賞)、『ふたりはとっても本がすき! 』『給食アンサンブル』などがある。

「2019年 『セミクジラのぬけがら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たんじょう会はきょうりゅうをよんで (わくわくライブラリー)のその他の作品

如月かずさの作品

ツイートする