桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

著者 :
制作 : 川村 湊 
  • 講談社
3.73
  • (218)
  • (156)
  • (371)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 1558
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960428

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごいです。いろんな暗示が入ってますよね。
    桜に対してそういう印象を持ったことはなかったけれども、
    ひと時の美しさに“持って行かれる”感じをそう表現したのかと。
    いろんな読み方があると思うので読書会が楽しみ。

  • 桜の時期が近づくと必ず再読する定番の一冊です。

    子供時代を南国の極彩色に囲まれて暮らした私には、
    桜はどうも茫漠としてあまり美しいと思いませんでした。

    でもこの物語が、日本人がどうして桜を美しいと思うのか、
    美しい中にも怖さがあるのか、誰も教えてくれなかった感覚を
    ずばり教えてくれました。
    安吾はこういった少し御伽噺のような幻想的な話を書かせると
    絶品です。

    褒めているわりにお気に入り度が低いのは、短編毎の質の
    バラつきが激しいからです。
    「桜の~」「夜長姫と耳男」や歴史モノなど面白いものもありますが、
    驚愕するほどつまらないものも。
    本一冊に均すとこんな点数です。

  • 舞い散る薄桃色の中では時さえも止まる。
    しんしんと降る桜の花弁の中でふと孤独を感じるのは、
    昔から同じだと思う。

  • 男は女と出会い、その手を血に染め、何処までも堕ちて行く。

    桜が美しいのは、その根元に死体が埋まっているから。

    怪しくも美しい世界。

  • 桜を見るたびに思い出す。

    美しさと恐ろしさっていうのは隣合わせ。
    淡い桃色の桜の花は可憐なイメージしかなかったけれど、これを読んで桜のイメージが変わった。

    坂口安吾の美しく妖しい世界。

  • もともと野田秀樹さんの舞台を観て、読んでみたかったお話。
    「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」はやたら読み返してます。
    野田さんの脚本はどれも台詞回しが独特で、原作っていうのは設定とか役柄なんだろうな、と思ってたけども、読んでみたらあの独特な台詞も原作のものでビックリした覚えがあります。

    うすら恐い雰囲気なんだけれども、やっぱりキレイ。
    夜長姫は、うん、やっぱり可愛い。

  • 桜の話。
    ドイツで怖いのは緑の森だし、日本で怖いのは桜。
    私も京都の大原で怖くて走ったことがあります。

  • 短編集。ずっと読みたかった「桜の森の満開の下」。桜って…たしかにたくさんの桜がはてが見えないほど続いててその下に自分以外に誰もいなかったら怖いだろうなぁ…。物語は思ってたのと違い不気味で不思議な話でした。面白い。
    「夜長姫と耳男」も読みやすく、これもまた女が不気味でいい。
    歴史物は慣れないせいか私にはとっつきにくかったです。

  •  
    山賊が桜に見とれてしまいそこで会った女に一目ぼれし、使われていき最後には思いもつかないラストがあった

  • 毎年、春になったら読む本。

全208件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

ツイートする