桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.74
  • (222)
  • (157)
  • (373)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 1599
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960428

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんかもう 題名がすきです

  • 「二流の人」収録。

  • この季節にこれを読まずして何を読みましょう・・・

  • 何度読んでもぞくりとします。
    現代文学しか読まなかった私が日本文学そのものに興味を持ったきっかけがこれです。

  • なんてうつくしい

  • 満開の桜に惑わされる山賊の様を描いた表題作や、長者の娘である「姫」にバケモノ扱いされる大工の耳男は、姫を恐れつつも心惹かれて行く『夜長姫と耳男』などの寓話調の作品から、『二流の人』(黒田如水)『梟雄』(斎藤道三)『道鏡』(弓削道鏡)など、歴史上の人物にスポットを当てた作品など13編を収録。

    表題作については今更言を要しない、と思う。初めて読んだ時は、題名から受けるイメージとはあまりに異なる毒々しい内容に少々驚いたけれど、桜の森の幻想的な描写はクセになるというか、桜の季節が来るたびに読み返したくなってしまう。

    歴史物に関しては、これはこれでなかなか趣がある、と思う。普段その類はあまり読みつけない自分ではあるけれど。

  • あと何年か前に読んでいたら、もっと感傷的に読めたかもしれない。
    桜と孤独の描写が秀逸。
    毎年桜の季節に思い出すだろう。

  • 『花の下は涯が無いからだよ』
    暗い夜に浮かぶ桜が見える様でした。

  • すごくよかった。桜が舞っているのが見えるかのようで。

  • 桜はとくべつ好きな花ではないけれど、読んでいる時あたまの中が満開になってキレイだった。

    今も昔も恋愛ってあまり変わらないんだなぁ…。
    と思った。

全208件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

ツイートする