桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

著者 :
制作 : 川村 湊 
  • 講談社
3.73
  • (218)
  • (156)
  • (371)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 1558
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960428

作品紹介・あらすじ

なぜ、それが"物語・歴史"だったのだろうか-。おのれの胸にある磊塊を、全き孤独の奥底で果然と破砕し、みずからがみずから火をおこし、みずからの光を掲げる。人生的・文学的苦闘の中から、凛然として屹立する、"大いなる野性"坂口安吾の"物語・歴史小説世界"。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書会きっかけで読んでいたものの、読書会過ぎて漸く読み終わりました。
    面白かったです。
    時代物・歴史物のお話たちでした。
    課題本だった表題作が好きです。
    狂い咲く桜と、血を求める女とそれを叶える男…狂気的ですが幻想的です。「彼自らが孤独自体でありました」全て桜の花弁になるラストシーンの凄絶な美しさも素敵でした。
    「夜長姫と耳男」も好きです。「好きなものは呪うか殺すか争うかしなければならないのよ」

  • 戯曲が先だったのもあって目の前に山や町の景色が広がるよう。桜が満開の夜にぶわっと吹く風は冷たい。感覚に来る感じ。

  • 映画を1本見終えた時の様に柔らかく余韻が身体を暖めてくれます、一文字一文字がビジュアライズされ、読み終えた時に何故だか「目が覚めた!」と感じた。

  • [桜の森…]桜は本来は畏怖の対象だったというグッとくる書き出し。美しさの中にグロテスクが内包された幻想的な怪奇小説。亭主を殺された美女は、殺した山賊を尻に敷き山賊の女を殺させる。都へ移り山に戻り桜の森で鬼となり桜となる。なんとも身勝手な女と欲のままに生きた山賊。なのにどうして儚い物語になるのか。ただ或る桜の森に対して得体の知れない恐怖と耽美を感じる不朽の名作。
    [夜長姫…]「好きな物は呪うか殺すか争うかしなければならないのよ。… いま私を殺したように立派な仕事をして・・・」この一文が全て。恐ろしい小説。

  • 芥川の「藪の中」みたいですな。

  • 坂口安吾の代表作。

    桜に対する価値観が変わるかもしれない。
    残酷で美しい御伽噺。

  • 桜に狂わされるなんて経験はしたことがないなぁ。北海道はタイミングを逃すと、満開の桜を見られずに終えてしまう一年がザラにあるので。

    どこが始まりで、どこが終わりなのか、はたまた最初から何もなかったのか不思議なお話でした。

    坂口安吾の小説を読みたくて、なるべく短めのものを探していた時に見つけた作品です。

  • 何度も読み返す数少ない作品。
    昔話のような物語なのだが、
    表現がとても美しい。
    題名は日本文学史に残る傑作。

  • この世でいちばん好きな本です。
    (今のところ…)
    満開の桜や、花吹雪の中女を背負って歩いていく男が目に浮かんできます。
    桜の頃になると読みたくなって、読み終えるとなんとなく寂しくなって、しばらくボーっとしてしまいます。

  • 怖かった…。
    想像以上!

    ただ最後…本当に美しかった。
    ぞっとするほど。

    ひそひそと花が降ります。

    ひそひそ…がすごくいい。

全208件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)のその他の作品

坂口安吾の作品

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする