叫び声 (講談社文芸文庫)

著者 : 大江健三郎
  • 講談社 (1990年3月5日発売)
3.56
  • (19)
  • (27)
  • (49)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :346
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960718

作品紹介・あらすじ

新しい言葉の創造によって"時代"が鼓舞される作品、そういう作品を発表し続けて来た文学者・大江健三郎の20代後半の代表的長篇傑作『叫び声』。現代を生きる孤独な青春の"夢"と"挫折"を鋭く追求し、普遍の"青春の意味"と"青春の幻影"を描いた秀作。

叫び声 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うわぁぁぁーーーーーっ!
    確かに、しっかりと、その「叫び声」を聞いた・・・。

    「人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、誰かひとり遥かな救いをもとめて叫び声をあげる時、それを聞く者はみな、その叫び声が自分自身の声でなかったかと、わが耳を疑う」(ジャン=ポール・サルトル)

    生臭さと、鋭利さと、ざらつきが一度に迫ってくるような、そんな小説。
    エロスとグロテスクとタナトスに彩られ、眉をひそめるような嫌な感覚がびしびし伝わってくるのだが、それがまた生々しくて、小説の状況とは裏腹に活き活きとしていて、とても面白かった。青春群像劇特有の疾走感も良かったのかもしれない。

    サルトルの言葉からイマジネーションを受けた大江は、社会から疎外された、僕、呉鷹男、虎の若者3人とダリウス・セルベゾフとの奇妙な同居生活、そして、彼ら共通の夢、レ・ザミ号での航海を目標とするところから端を発して、それぞれが声なき「叫び声」を発するにいたるまでの人間模様を鮮烈に描いている。
    希望を打ち砕かれ、閉塞感が漂いながら、しかし、孤立な生き方しかできない若者たち。社会は決して受け入れてくれず、また、社会に馴染もうとせず、最後の居場所として集った若者たち。若者時代に感じたこうした何かを少しでも思い出せれば、彼らの叫び声はまさに真に迫ってくるものとして感じられるだろう。
    大江の創作した若者たちはかなり極端である。そして、性的な色を放ち過ぎている。しかし、だからこそ僕らは矮小な自分として、こうした感覚が呼び醒まされてくるのだ。

    大江の放つ「言葉」はみずみずしくも研ぎ澄まされている。1960年代という時代に対して、大江自身の「叫び声」として真っ向から対峙し、勝負した作品であったのではないだろうか。

  • 大江健三郎は今のところせいぜい10冊かそこらしか読んでいないけれど、個人的には初期の作品のほうが好きだと思うことが多く、20代で書かれたこれもとても良いと思いました。勝手な印象だけど、大江健三郎はやはり結婚→障がいを持った息子の誕生あたりから、私小説的な方向へ転換した気がするので、それ以前の、純粋に小説っぽい作品のほうが自分の好みには合うのかも。

    筋書きだけ追えば、疑似家族的な絆で結ばれた4人がバラバラになり、逮捕されたり殺されたり殺して死刑になったり結局何も達成されない悲惨な結末をそれぞれ迎える、それだけの話ではあるのだけれど、『叫び声』というタイトルと、いつの時代も、ここではないどこかへ向かいたがる若者の心理、たとえ向かう先が破滅であっても突っ走るしかない疾走感、焦燥感のようなものが胸に迫ります。

  • 再読。サルトルの引用文で始まるこの小説、行き場のない青年達の渇望と絶望の犇めきに押し潰されそうだ。ここではないどこかに行きたい。そう、なまじ渇望があるから絶望も比例する。内なる自己の叫び声を聞いてしまった時、最早逃げ場さえも失ってしまう。なんて苦しく悲しい結末。でも私はこの小説が大好きだ。一縷の望みすら断たれ破滅に向かうガラスの心の優しい青年達。叩け、叩き壊してやれ。誰もが健全に前向きに生きられるわけではない。当時の大江の苦しみそのままに生々しい鮮血が行間に滴る。これぞ真正の青春小説。この痛みを忘れるな。

  • 伊坂さんオススメ本。

  • 芽むしり仔撃ち~性的人間の間くらいの時期、のはず。序盤の陽気さからそれぞれ破滅に向かっていく様子は、若者特有の精神的な危機をなぞるかのよう。大江健三郎を未読の人におすすめしたい。

  • フィクションをあまりに切実に受けとめすぎるというのは欠点である。しかし記憶に残るのは自分と合わせ鏡のような小説ばかりだ。おもしろい小説は苦痛を伴う。

    ところで岸政彦には彼ら3人にまたこう言って励ましてあげてほしい。
    「若いやつ頑張れよ。だいじょうぶやで、もうすぐ若くなくなるから。そうなったら楽になるからな。」

  • 大江健三郎が描く、黄金の青春時代とその幻影についての作品。過激な性描写とトピックスが荒々しい青春の光と影を描写する。

    若者特有の青春に対する焦燥感や孤独感を、性描写や突飛な行動で荒々しく描写することで、がつがつとした雰囲気を巧みに表現されている。それが読む人の心にずかずかと突き刺さる感じがする。しかし、ずかずか部分が太すぎて、表現が痛い。読んでいて辛い。青春の明るさよりも、野放図に取り組み、跳ね返される、まるでドン・キホーテを地で行っているような。ドン・キホーテは正しいと信じる道を、たとえ勝ち目はなくとも突っ込んで行くという正しさへの希求があるが、本作品では正しいかどうかよりもやりたいかどうか?に重きが置かれている。それが青春だと言われればそうかもしれないが、一方では可物になるのだ、という思いを実現していく精神状態とはいったい何なのか?青春のベースとなるものがやっぱり出自や環境なのか?そこに暗い『叫び声』を感じてしまうのだ...

    各人が持つ性癖や出自に縛られ、目指していた夢が破滅へとつながってしまう。それが仲間からの離脱につながり、孤独に陥ってしまう。「荒涼として荒涼と荒涼たり」とつぶやき、孤独と挫折のなかで僕は叫ぶのだ。

  • かなり読みやすい。
    皮膚をえがくのにもいちいちつきまとうじめじめとした失望感が、青春のどうしようもなく輝かしい・淡い希望にもおよんで、彼らを失意の底に陥らせる。
    この青年たちに固有の絶望感はしかし、やけに生々しく実に青春的で、どこか清々しい。

  • 図書館で。伊坂幸太郎氏がエッセイで何度も面白いと取りあげていたのでじゃあ読んでみるか、と借りてみました。
    大江健三郎氏の著書は2、3冊読んだことはあるのですが作者が年を取るにつれて文章が難解で独りよがりになる感じがしたのでこれぐらいならわかりやすいし面白いかも、とおもいました。死者の奢りも面白かったな。

    一言で言うと多分青春小説だと思うのですが清くも正しくもない青年達がヨットに乗ってまだ見たことのないどこか、約束の地へ向かうという目的を持って集まり、当然のように挫折し人生からリタイアし、社会生活から逸脱し、現状から逃げ出していくというようなお話でした。結構重たい話のはずなのにやることなすことどこか間が抜けているからかなんとなく滑稽なお話に思えるのが不思議。それにしても作者の根底にある女性への憎悪に似た嫌悪はなんだろうか。まあ同性愛とは違うんだろうけれども同性とつるんでいる方が楽だとか楽しいって人は多いしなぁ。(まあ最終的に彼らのパトロンはそれっぽい人だったと知る訳だけれども)まあそれが良いとか悪いとかでは無く。

    確かにあれは青春の黄金の時だった、というような文章が何度か繰り返し使われていてなるほどなぁと思いました。気の置けない仲間とバカみたいな事をして毎日を過ごすのはそれこそ夏休みみたいな感じで輝いて見えるんだろうなぁ。もっとも夏休みやバケーションは終わるからこそ後から輝いて見えるという事を青春真っただ中の若者たちは知っているのだろうか。知っているからこそ現状から逃げ出すために焦燥し、足掻いているんだろうか。ここではないどこかへ、大人にならないために叫ぶのだろうか。そんな事をおもいました。

  • 2015年11月22日

全37件中 1 - 10件を表示

叫び声 (講談社文芸文庫)のその他の作品

叫び声 (講談社文芸文庫) Kindle版 叫び声 (講談社文芸文庫) 大江健三郎
叫び声 (講談社文庫) 文庫 叫び声 (講談社文庫) 大江健三郎

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
伊坂 幸太郎
三島 由紀夫
安部 公房
伊坂 幸太郎
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

叫び声 (講談社文芸文庫)に関連するまとめ

叫び声 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする