われ逝くもののごとく (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (860ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061961135

作品紹介・あらすじ

太平洋戦争により崩れゆくサキ一家の変転の歳月と多くの庶民の、生きて死に逝く、“生死一如”の世界。かつての青春放浪の地、山形県庄内平野を舞台に人情味ある土地言葉を駆使しつつ、雄渾に物語る。生涯を賭けて深めた独自の仏教・東洋思想の視座から日本の風土と宗教を余すところなく描き尽した著者畢生の長篇大河小説。野間文芸賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山形、庄内地区の文化本のような、民族、宗教全てが混沌と混ざった、そして曼荼羅のような本。

  • 勝目梓さんの本棚より
    未読

全2件中 1 - 2件を表示

森敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
三島由紀夫
安部公房
ウラジーミル ナ...
ウンベルト エー...
トルーマン カポ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×