巴里祭・河明り (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.18
  • (1)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061961982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    日本に妻を置いたまま巴里に在住する主人公の“幻の女”をめぐって繰りひろげられる女たちの華麗な手練手管の世界「巴里祭」。
    幼なくして許婚者同士となった男女が、その因縁のしがらみを果敢にといて行く“河”をめぐる美事な“物語”世界「河明り」。
    芥川龍之介の晩年を描き、出世作となった「鶴は病みき」の3篇を収録。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 図書館で、ふと借りた本。

    パリに暮らす男が、忘れえぬ女を
    追い求める…「巴里祭」

    川沿いに借りた部屋
    家主の娘が許婚者となぜか結ばれぬ因縁に
    巻き込まれ…「河明り」

    芥川龍之介の晩年の交流を描いた
    「鶴は病みき」

    の三作品収録。

    ごてごてとして、過剰な自意識を感じさせる文体、

    これが美麗で天真爛漫、ユーモア的であれば
    森茉莉さん系となり私の好みなのだが、
    どうも無骨だ。

    「巴里祭」で、お隣のマダムの着飾った姿、
    お祭りの様子、
    バッと目の前に現れる描写力は見事。

    「鶴は病みき」にいたっては
    私もその鎌倉雪の下ホテルH屋に滞在、
    暑い夏の日、庭をうろうろ、
    部屋の中まで入って座っているような臨場感。

    それでもやっぱり、どうしても誰にも
    感情移入できず、お気に入りの登場人物も現れず…。

    あんまり仲良くなく、
    これからも仲良くなれないであろう人の話を
    ずっと黙って聞いている感じがあった。

    本編より、解説と作家案内の方を
    興味深く拝読。

  • 2009/12/10購入
    2009/12/24購入

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。跡見女学校卒。1906年与謝野晶子に師事し「明星」に投稿。のち「スバル」同人として活躍。1910年画学生岡本一平と結婚、翌年太郎を出産。1929年から7年間渡欧。帰国後、1936年に芥川龍之介をモデルとした『鶴は病みき』で作家デビュー。以来、短編を中心に多くのすぐれた作品を残した。1939年没。

「2019年 『越年 岡本かの子恋愛小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本かの子の作品

ツイートする