お能・老木の花 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

著者 : 白洲正子
  • 講談社 (1993年4月5日発売)
3.82
  • (6)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 62人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061962194

お能・老木の花 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書いていることが細やかで、わかりやすく、腑に落ちる。能を観始めて、もっと能を知りたいと思う私のような人向けの能の入門編という感じ。特に梅若実聞書は、初舞台の思い出、成功したこと、失敗したこと、慌てたことなどが取り上げられていて、面白く興味深かった。

  • (「BOOK」データベースより)amazon
    2代目梅若実について能を習い初めた4歳。渡米留学した14歳。厳しい教育を受け、後欧州にも赴く。爾来、古典芸能・文学・美術工芸に造詣を深め美を追究。著者の芸術観の“核”となる能楽論、最初期の「お能」のほか「梅若実聞書」「老木の花」を収録。実践に裏打ちされ平明、簡潔、強靭な筆致で綴ったエッセイ集。

  • 言葉の端々にすごくスノッブな態度が出ているのが気になって好きではない。

全3件中 1 - 3件を表示

白洲正子の作品

お能・老木の花 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)はこんな本です

ツイートする