二葉亭四迷伝 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061962361

作品紹介・あらすじ

明治の黎明期に近代小説の先駆的な作品『浮雲』を書き、を創出した文豪二葉亭四迷の四十六年の悲劇的な生涯を全十七章から成る緻密な文体で追う。最終章はロシアからの帰途の船上で客死する記述に終り、著者「あとがき」に、「これは彼の生活と時代を再現することを必ずしも目的としたのでなく、伝記の形をとった文学批評だ」とある。評伝文学の古典的名著。読売文学賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古いけれども卓抜な二葉亭四迷論。犬が好きだった話がいい。

  • [ 内容 ]
    明治の黎明期に近代小説の先駆的な作品『浮雲』を書き、〈言文一致体〉を創出した文豪二葉亭四迷の四十六年の悲劇的な生涯を全十七章から成る緻密な文体で追う。
    最終章はロシアからの帰途の船上で客死する記述に終り、著者「あとがき」に、「これは彼の生活と時代を再現することを必ずしも目的としたのでなく、伝記の形をとった文学批評だ」とある。
    評伝文学の古典的名著。
    読売文学賞受賞。

    [ 目次 ]
    名古屋と松江
    ロシア語とロシア文学
    二つの偶然
    浮雲の制作
    浮雲の矛盾
    浮雲の中絶
    文学抛棄
    官報局
    結婚
    片恋の出版
    外国語学校教授
    ハルビンから北京へ
    日露戦争
    其面影
    平凡
    戦後のロシアへ
    ペテルスブルグ
    二葉亭四迷略年譜

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 誰かが云ったように、中村光夫の「ですます」調は彼の批評行為そのものを限定させてしまっている。

  • 『坊っちゃん』の時代の第2巻を読んで、気になってしまいました。

全5件中 1 - 5件を表示

二葉亭四迷伝 (講談社文芸文庫)のその他の作品

中村光夫の作品

ツイートする