新書太閤記(十一) (吉川英治歴史時代文庫)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (6)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061965324

作品紹介・あらすじ

山崎、賎ケ岳の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、いや政局に、微妙な翳を落さずにはおかない。秀吉には苦汁を、家康には遅まきの美酒を。家康の不撓不屈の闘志と、秀吉の天才的なヨミが、激突する。そして秀吉が一歩先を制した。長らく信長の陰に隠れていた秀吉の"力"がここに全容をみせるのである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと読み終わった…

    ご存知豊臣秀吉の波乱万丈ながらもガンガン出世して百姓の子供から天下人まで登り詰めるお話。

    この辺の歴史は本当に表層しか知らなかったので、まず単純に勉強になった。へー家康と秀吉って戦ってたのねとか知らなかった…

    与えられたら仕事は何であれ全力で取り組み、今までのやり方を刷新して成果を出す。常識にとらわれずに新しいやり方をゴンゴン実行。とことん合理的。戦国時代によくこんな考え方や行動が出来たものだと不思議でならない。完全に突出してるものね。この人と家康。

    戦わないで済むならそれに越したことはない、って発想はなかなか出ないよねぇ多分当時。華々しく戦ってナンボっぽいものね。

    そんな秀吉は何で死後のことを家康に託したんだろうね? 一番優秀だったからかなぁ?どう考えても裏切るよねぇ家康… 何で豊臣家は滅んで徳川は栄えたんだろうとか、まぁ家康死後天下取ったる!!って勢力が無くなってただけなのかなぁ。

    とりあえず読むと秀吉が好きになる一冊。つか今人生で一番家康がキライ。

  • 長かった物語、ここで終わるんやなぁ。やはりこの後の秀吉をどの作品も描きたがらないんやなぁ。

  • 戦時下に唯一連載されていた新聞小説。中途半端で終わっているのは、終戦とともに吉川英字の執筆意欲が消失したため。

  • 全十一巻!ぶっちゃけ途中から読むの疲れてきますが、面白い。何より読み終わった達成感(?)が!
    秀吉より彼の重臣たちに萌え萌えですvv

  • 山崎、賤ケ嶽の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、いや政局に微妙な翳を落さずにはおかない。秀吉には苦汁を、家康には遅まきの美酒を。――家康の不撓不屈の闘志と、秀吉の天才的なヨミが激突する。そして秀吉が一歩先を制した。長らく信長の影に隠れていた秀吉の“力”が、ここに全容をみせる。

  • 山崎、賎ケ岳の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、いや政局に、微妙な翳を落さずにはおかない。秀吉には苦汁を、家康には遅まきの美酒を。家康の不撓不屈の闘志と、秀吉の天才的なヨミが、激突する。そして秀吉が一歩先を制した。長らく信長の陰に隠れていた秀吉の“力”がここに全容をみせるのである。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1892年、神奈川県生まれ。1921年、東京毎夕新聞に入社。その後、関東大震災を機に本格的な作家活動に入る。1960年、文化勲章受章。62年、永逝。著書に『宮本武蔵』『新書太閤記』『三国志』など多数。

「2017年 『江戸城心中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新書太閤記(十一) (吉川英治歴史時代文庫)のその他の作品

吉川英治の作品

ツイートする