三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (221)
  • (160)
  • (312)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :1592
  • レビュー :79
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061965355

作品紹介・あらすじ

黄巾賊の乱より10年、天下の形勢は大いに変っていた。献帝はあってなきものの如く、群雄のうちにあっては、曹操が抜きんでた存在となっていた。劉備玄徳は、関羽、張飛を擁するものの一進一退、小沛の城を守るのみだった。打倒曹操!その声は諸侯のうちにひろがり、国舅董承を中心に馬騰、玄徳など7人の謀議はつづく。誰が猫の首に鈴をつけるのか。-選ばれたのは、当代一の名医吉平。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 玉璽を手元から離さない袁術の件から始まり、曹操・呂布・劉備間の謀。そして、曹操の陣営に匿われた関羽と、劉備との再会への道筋まで。

  • 呂布が…
    そして張飛はどこへ?

  • 戦乱の中で、手の握り合いと裏切りが目まぐるしく交差する。
    特に呂布が、部下の策謀にはまって、誰の味方なのか分からなくなってしまった。
    武術だけ飛び抜けて強くても、乱世は収められないんだなぁ。

  • 乱立する諸雄の中で、曹操がいち早く頭角を現し、呉の孫策も名をはせる中、我らが劉備は一進一退を続けています。
    歴史の流れは把握しているとはいえ、何とも歯がゆい時間が過ぎていく感があふれます。

  • 三国志が面白くなるのってこの辺からじゃないかな。
    呂布がひたすら浅はかなんだけど、張飛が絡むと笑える。
    ところどころ変なんだよね。
    呂布の信頼感のなさと、曹操の思い切った馬鹿と、劉備の一見徳がありそうでいてどっちつかずな部分と、どれも支持できない笑
    でもたぶん一番英雄ぽいのって曹操なんだろな。
    孫策はプリンス的ポジションで、途中までは呉が安定感ある。

  • 天下に並ぶ者なき武勇を誇った呂布も、ついに曹操の手によって討ち取られることになります。呂布と対立して曹操と協力することになった劉備でしたが、曹操の驕りが日に日に高まるのを目にして、心穏やかではいられません。

    一方、曹操の横暴に苛まれる皇帝は、国舅の董承にひそかに手紙を送り、曹操打倒の陰謀がめぐらされていきます。皇帝の意向を受けた董承は、皇帝から「皇叔」と慕われた劉備に協力を仰ぎますが、この陰謀は曹操に知られるところとなります。

    曹操に追われた劉備は河北の袁紹を頼り、関羽は曹操のもとに身柄を留め置かれることになります。関羽の人柄にほれ込んだ曹操は、どうにか彼を旗下につけようと心を砕きますが、劉備に対する関羽の忠信は厚く、ついに彼は曹操のもとを去っていきます。

    群雄たちの合従連衡がめまぐるしく、テンポのいいストーリー展開に、文字通り読み出したら止まりません。

  • 争いは絶えない。平和は続かない。際限の無い出世欲は、他を巻き込み、乱世が続く。統括された警察機能がなく、それを制御する分権、法治が無い限り、暴力と私的利害による対立は連鎖する。しかし、この対応において暴力をキーとした合理主義が成立する。つまり、より多くの兵を求め、そうなるために、魅力のある大将が必要となり、また、組織内の規律が重要となるのだ。

  • ■呂布軍vs曹操&劉備軍
    味方の裏切りあり、呂布捕らえられ扼死
    ■董承グループの「曹操暗殺計画」
    密告により失敗
    ■劉備軍vs曹操軍
    敗れた後、劉備は袁紹軍へ、関羽は曹操軍へ
    ■曹操軍vs袁紹軍
    関羽の活躍より、曹操軍の勝利

    もし「部下にしたい武将ランキング」なるものが存在するならば、現時点で僕は関羽を第1位にする。
    関羽の武者ぶりに惚れた曹操がどうにかして彼を自分の麾下に加えたいと、酒宴を催したり、褒章を与えたりするが(あの呂布が所持していた赤兎馬もあげてしまう)、意志強固にして関羽は曹操に降らない。劉備に対する忠義が彼を支えているためだ。曹操軍との戦いに敗れた後、劉備の所在がわからない中、義兄との再会を願う関羽の姿はまさに義人なり。義兄弟間の絆の強さに泣ける。
    また、曹操に対する見方がやや変わった。董卓ほどの嫌悪感は抱いてきていないが、それでも彼奴に次ぐほどの暴虐ぶりをこれまで見せつけていた。今回、関羽が素直に仕えなければ斬って殺されるかなあとドキドキしながら読んでいたが、曹操は武力よりも人格で関羽を口説きたかったようだ。劉備の所在が知れると、関羽は約束通りに曹操軍から出ていくが、その時でさえ、曹操は彼に長旅に備えてということで、金銀他に袍を与えている。なんだか優男じゃないか!このままこのイメージを崩さないでいってもらいたいと思うが、まあそうはならないだろうなあと思いつつ続きを読む。

  • 今回は曹操と玄徳をメインにして動いてるので、やっとわかりやすく勢いが出てきて面白くなってきた!

    そういえば、いっちばん最初に出てきた「芙蓉」はどうなっているのだろう?とおもっていたのだけど、少しだけその後の話が出てきて嬉しかった~。

  • 呂布ついに倒れ、曹操の天下が訪れる。劉備は皇叔として官職に就くが、曹操打倒のクーデターに加担したがため都を落ち延びることに。敗戦により関羽、張飛とも別れ、関羽は曹操の軍門に下る。名馬との出会い、そして曹操のもとにあっても忠義を失わない関羽の義侠心に惚れる。張飛はあいかわらずせっかちだが、知略に長けた一勝をあげ、劉備も愚を装って曹操を欺くなどなかなかの野心家。

    だんだん三国志らしさが出てきた。
    曹操の勝負運強さには驚く。玄徳もなかなか貫禄が出てきた。

    登場人物が多く、名前がややこしいので混乱するが、読み出すと止まらないおもしろさ。

    智慧に溺れたあまりに命を縮めた偏屈学者の一件は、耳に痛い。現在にも通ずる人間模様。

全79件中 1 - 10件を表示

三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)のその他の作品

吉川英治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)はこんな本です

三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)を本棚に登録しているひと

ツイートする