殉情詩集・我が一九二二年 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061975767

作品紹介・あらすじ

命がけの恋の世界を歌い、あまりにも有名な『殉情詩集』。人口に膾炙する「秋刀魚の歌」を所収の『我が一九二二年』。強い反俗的批評精神が横溢する「愚者の死」等の「初期詩集」。古今東西の詩人のエッセンスを熟知しつつ、あえて古典的韻律にこめた清新な情感と詩の未来を見すえる凄烈な意志。多くの抒情詩と一線を画する"佐藤春夫の詩"の出発点から大正十五年刊『佐藤春夫詩集』とその「補遺」までを全収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 慶應大学・三田キャンパスの片隅に、歌碑が建っている。「さまよひ来れば 秋草の ひとつ残りて咲きにけり おもかげ見えてなつかしく 手折ればくるし花散りぬ」。昔々、既に他の大学に入っていたのだが、諦めきれず慶應を受験し、帰りに、この歌碑を見た。佐藤春夫との出会いである。
    詩など、あまり読まぬ私だが、佐藤春夫はいい。胸がきゅんとするっていうやつだった。やはり慶応に入りたいと思いを強くした。

    数年前、熊野速玉大社に詣でた折、その横に佐藤春夫邸が移築され、記念館となっていた。新宮市出身なのだ。そして近くの寿司屋で昼食をとったとき、長年の謎が解けた。秋刀魚の歌の一節「さんま、さんま そが上に青き蜜柑の酸(す)をしたたらせてさんまを食ふは その男がふる里のならひなり」和歌山が蜜柑どころとはいえ、さんまに蜜柑は、いかにもまずそうだと思っていたのだ。寿司屋が言うには、果実は質を上げるために、熟す前に実を間引きする。その摘果という作業でとれた青い、酸っぱい蜜柑を地元の人は焼き魚などに添えるのだそうだ。それなら、うまそうだ。思わぬ収穫だった。

    大学も出て、ずいぶん経ってしまって、歌碑の思い出は昔々の事だけれども、本書収録の詩の一節に、こんなのがある。
    「我等を指してなげきたる 人を尻目に見おろして 新しき世の星なりと おもひ傲れるわれなりき  若き二十は夢にして 四十路に近く身はなりぬ 人問ふままにこたへつつ 三田の時代を慕ふかな」。

    大林宣彦は、佐藤春夫の影響を随分受けているようだ。大林映画ファンにもおすすめしたい一冊である。

  • 心を人に与え得て
    この日 われひとり
    花なき庭をゆき
    月なき窓を開く。


    断章

    さまよひくれば秋ぐさの
    一つのこりて咲きにけり、
    おもかげ見えてなつかしく
    手折ればくるし、花ちりぬ。


    わがはたち

    まなびやのふみうりはらひ
    国禁のふみよみふけり
    さけたうべ うたあげつらひ
    なみだするはひとのしらぬま


    犬吠岬旅情のうた

    ここにきて
    をみなにならひ
    名も知らぬ草花をつむ。
    みづからの影踏むわれは
    仰がねば
    燈台の高きをしらず。
    ……
    ただ思ふ
    荒磯に生きて松のいろ
    錆びて黒きを。
    わがこころ
    錆びて黒きを。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4061975765
    ── 佐藤 春夫《殉情詩集・我が一九二二年 19970710 講談社文芸文庫》
    ── 佐藤 春夫《秋刀魚の歌 1921-19230101 新潮社》
     
     佐藤 春夫 詩人 18920409 京都 19640506 72 /“春日忌”
     
     秋刀魚
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%BD%A9%C5%E1%B5%FB
     

  • ひとつひとつの唄からはエントロピイなきエネルギイが見られ、
    諧謔的な純度高い清冽な意志は瞠目せざるを得ない。
    韻律を収斂し剪定された詩たちには祝福と花束を与えたい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

佐藤春夫

一八九二(明治二十五)年和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に生まれる。一九一〇年上京後、与謝野寛・生田長江に師事。また永井荷風に学び、慶應義塾大学在籍中から「スバル」「三田文学」で詩歌と評論に早熟の才を示した。一九一八(大正七)年、谷崎潤一郎の推挙により文壇に登場。青春の憂愁を詠う『田園の憂鬱』や、探偵小説『指紋』、ユートピア小説『美しき町』など、洒脱なロマンに独自の作風を示し、新進流行作家となった。一九三五(昭和十)年より芥川賞の初代選考委員を務め、戦中・戦後にわたって長く文壇で重きをなした。著作は、詩歌から小説、戯曲、評伝、童話など多岐にわたり、『殉情詩集』『維納の殺人容疑者』『晶子曼陀羅』『わんぱく時代』などがある。一九六四年死去。

「2021年 『佐藤春夫中国見聞録 星/南方紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤春夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュール・ヴェル...
倉橋由美子
アンドレ・ブルト...
谷崎潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×