鳩の翼(下) (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.82
  • (6)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061975897

作品紹介・あらすじ

デンシャーを慕ってイギリスに渡った大富豪のミリーは、ラウダー夫人の手引きで社交界に華々しくデビューする。「人よりはやく生きる」ために、病身のミリーはヴェニスの由緒ある宮殿を借り切って住みはじめる。ロンドンからデンシャーと恋人のケイト、ラウダー夫人たちがやってきて、物語はミリーの死とともに結末をむかえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 下巻に入ってからは、どういう展開になるのか予測不能。面白かったけど、何ともやるせない。

    純粋で健気なミリーと対照的にケイトは計算高く冷たいのだけど、彼女は彼女で必死に生きているので憎みきれない。ケイトもラウリー夫人も根っからの悪人ではない。しかしやはりズル賢い。

    それにしても女達に翻弄されっぱなしのマートンは何とも気の毒。彼の最後の決断には拍手をおくりたい。

  • 3人の思惑が交差するのがとても面白い。先が長くないミリー、自分たちの愛のためにミリーを利用しようとする2人。下巻は話がぐいぐい進んでいくので、読みにくさを忘れさせてくれる。残酷で切ない結末だと思う。

  • 2010/3/11購入

  • ”エミリー”という名の主人公は、気のせいか神秘系キャラが多い気が。
    ”鳩の翼”のエミリー、絵本のエミリー、 Joanna Newsomのエミリー、、

  • 下巻では、三人は互いの本心を押し隠したままヴェニスに向かう。美と頽廃の都で、死をみつめざるを得ないミリーと、激しく愛し合いながら、無垢な魂の前に罪の意識をかんじずにはおれなくなる恋人たち。二十世紀初頭のヴェニスは、この壮麗な心理描写の伽藍の舞台にふさわしい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

Henry James.1843-1916
19世紀後半~20世紀の英米文学を代表する小説家。
主要作品に『デイジー・ミラー』、『ある婦人の肖像』、
『ねじの回転』、『鳩の翼』等。
映画化作品が多いが、難解なテクストで知られる。

「2016年 『ヨーロッパ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘンリー・ジェイムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘンリー・ジェイ...
マーガレット・ミ...
サン=テグジュペ...
J.L. ボルヘ...
ヘンリー・ジェイ...
ヴィクトール・E...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘンリー ジェイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×