親和力 (講談社文芸文庫)

  • 講談社 (1997年11月10日発売)
3.66
  • (10)
  • (4)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061975934

親和力 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お互いに好き合って結婚して、お互いに夫として妻として特別不満があるわけでも大きな喧嘩をしたわけでもないのに、新しく好きな人ができたから離婚したいって、エードゥアルト身勝手すぎないか?これはシャルロッテが気の毒。そんなに簡単にくっついたり別れたりするのなら、結婚なんていう制度はいっそ無くしてしまえばよいと思う。この間読んだ本に「結婚を民営化する」という案が出てきたけれど、実現できるかどうかはともかく斬新で興味深くはある。
    オッティ―リエは貞淑で控えめで清楚な感じで男の人から見たら庇護欲をそそるのだろう。しかしシャルロッテにはほとんど非がないことを思うと、やっぱりオッティ―リエはもっと前に身を引く決断をするべきだったのではと思う。シャルロッテの娘ルチアーネはいかにもわがままお嬢様だけど、オッティ―リエに嫉妬する気持ちはなんとなくわかる。心の狭い人間にとっては、非の打ちどころのない人間がかえって癪に障ることってあるんだよね…。オッティ―リエの日記の格言が、ルチアーネのこと間接的に非難しているようで、それがまた…。口には出さないだけでルチアーネのこと嫌いだよね、これ。
    それにしても二組のカップルがパートナーを交換するという話、どこかで聞いたことあるなと思ったら「ママレード・ボーイ」だ…。懐かしい。

  • 「恋愛小説とやらを読んでみたい」という動機で手にして、読んで、「これ以上恋愛小説は読まなくていいや」と思った。古いお話だなぁ、という印象。そいでゲーテがそんなに得意じゃないことを思い出した。

  • ゲーテによる本格小説。未だかつてない衝撃を受けた。この小説の主題は法、倫理、自然の関係であろう。内なる自然を抑えきれずに破滅していくエードゥアルトとオッティーリエの姿は、単純に道徳を遵守すべきとの考えから非難するにはあまりに美しい。

  • コピーライティングの稀有な才能。

  • ゲーテがいなければ、今の私はないと言っても過言ではないと思います。なので、やはり簡単にコメントできませんが、たとえば「親和力」という概念も訳もすごいなあと感服します。「親和力」という言葉は、科学用語ですが、博物学的というか、科学もまた人の思索をそだて、果てに文学も育てます。

  • なかなか手に入らないゲーテの一冊。お取り寄せすべき。
    親和力とは化学用語。二種類の化合物を1つのフラスコに入れたとき、より結びつきやすいもの同士が結びつき、別の物質に変わってしまう。
    人間もまた然り。

  • 初めてのゲーテ。僕が重視する世界観や描写というよりは会話-人物像中心の小説。だが会話そのものから見えてくる人物像のズレがいい軋轢を産んでると思う。読みやすいと言う点で、お薦め。

  • 小説史上最高の小説

全9件中 1 - 9件を表示

親和力 (講談社文芸文庫)のその他の作品

親和力 (講談社文芸文庫) Kindle版 親和力 (講談社文芸文庫) ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ドストエフスキー
シェイクスピア
ウィリアム シェ...
フランツ・カフカ
シェイクスピア
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

親和力 (講談社文芸文庫)に関連する談話室の質問

親和力 (講談社文芸文庫)はこんな本です

親和力 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする