ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976276

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ウルフ先輩が褒めちぎっているという
    噂を聞きつけて読んでみました。

    舞台はイングランド中部の商業都市ミドルマーチ、

    私はこんな風に主人公がいろいろ変わって
    あっちの話とこっちの話が関係しているような、
    群像劇みたいのが大好きなんです。

    いろんな人の気持ちがわかって楽しい。

    全体の感想は全部読み終わってから(全4巻)

    一巻の思い出は

    頑ななドド姉さま(なんて面白くて素敵な呼び方!)

    カソーボン氏の狭量の片鱗

    ロザモンドとリドゲイドが何となく語感が似ていて
    慣れぬうち間違えた

    というところ。

    ところで巻頭の人物紹介で大事な事
    ネタバレするのやめてほしいんだよね。

    ミステリでなくても、
    展開は自力で知りたい私なのだから!

  • 文学

  • こういうの、岩波文庫で出てくれないかなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

George Eliot(Mari Anne Evans)1819-1880.
筆名は男性、本名メアリ・アン・エヴァンズという女性。英国小説史における、もっとも傑出した知性、リアリズムの作家と評されている。
彩流社からの邦訳・関連書に『急進主義者 フィーリクス・ホルト』(冨田成子 訳、ジョージ・エリオット全集 6、2011年)、『スペインのジプシー 他2編 とばりの彼方、ジェイコブ兄貴』(前田淑江、早瀬和栄、大野直美 訳, 玉井暲、廣野由美子 解説、ジョージ・エリオット全集 9、2014年)、『牧師たちの物語』(小野ゆき子、池園宏、石井昌子 訳、惣谷美智子 解説,、 ジョージ・エリオット全集 1、2014年)、『ロモラ』(原公章 訳、ジョージ・エリオット全集 5、2014年)、『詩集』(大田美和、大竹麻衣子、谷田恵司、阿部美恵、会田瑞枝、永井容子 訳 ジョージ・エリオット全集 10、2014年)、『サイラス・マーナー [付]ジューバルの伝説』(奥村真紀 訳、清水伊津代 訳・解説、内田能嗣 解説、ジョージ・エリオット全集 4、2019年)、『ダニエル・デロンダ(上・下)』(藤田 繁 訳、ジョージ・エリオット全集 8、2021年)、『テオフラストス・サッチの印象』(薗田美和子、今泉瑞枝 訳、2012年)、『ジョージ・エリオット 評論と書評』(川本静子、原 公章 訳、2010年)、『エドワード・ネヴィル  G・エリオットの少女期作品とその時代背景』(マリアン・エヴァンズ 著、樋口陽子、樋口恒晴 編訳、2011年)、『ジョージ・エリオット 時代のなかの作家たち 5』(ティム・ドリン 著、廣野由美子 訳、2013年)ほかがある。



「2022年 『フロス河畔の水車場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・エリオットの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×