ミドルマーチ〈3〉 (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.90
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カソーボン氏の厄介なことと言ったら!

    ドド姉さまの妹、シーリアが
    「私はカソーボン氏に出会った時から
    顔が嫌だった」と言ってたけど、
    私も一緒、一緒~!
    ぜったい大したやつじゃないと思っていたの!

    大体、誰かを理想化して、
    そこで自分を生かしたいなんて言うのは
    上手くいきっこないんだ!

    なんだかシーリアちゃん家の
    ごくごく普通の幸せな感じがありがたい。

    なんだかんだドド姉さまも
    割合迷惑な人だわね…。

    しかし、3巻の途中からミステリーというか
    サスペンス的な風合いが強まって
    ハラハラ…

    いよいよ最終巻へ…!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

George Eliot(Mari Anne Evans)1819-1880.
筆名は男性、本名メアリ・アン・エヴァンズという女性。英国小説史における、もっとも傑出した知性、リアリズムの作家と評されている。
彩流社からの邦訳・関連書に『急進主義者 フィーリクス・ホルト』(冨田成子 訳、ジョージ・エリオット全集 6、2011年)、『スペインのジプシー 他2編 とばりの彼方、ジェイコブ兄貴』(前田淑江、早瀬和栄、大野直美 訳, 玉井暲、廣野由美子 解説、ジョージ・エリオット全集 9、2014年)、『牧師たちの物語』(小野ゆき子、池園宏、石井昌子 訳、惣谷美智子 解説,、 ジョージ・エリオット全集 1、2014年)、『ロモラ』(原公章 訳、ジョージ・エリオット全集 5、2014年)、『詩集』(大田美和、大竹麻衣子、谷田恵司、阿部美恵、会田瑞枝、永井容子 訳 ジョージ・エリオット全集 10、2014年)、『サイラス・マーナー [付]ジューバルの伝説』(奥村真紀 訳、清水伊津代 訳・解説、内田能嗣 解説、ジョージ・エリオット全集 4、2019年)、『ダニエル・デロンダ(上・下)』(藤田 繁 訳、ジョージ・エリオット全集 8、2021年)、『テオフラストス・サッチの印象』(薗田美和子、今泉瑞枝 訳、2012年)、『ジョージ・エリオット 評論と書評』(川本静子、原 公章 訳、2010年)、『エドワード・ネヴィル  G・エリオットの少女期作品とその時代背景』(マリアン・エヴァンズ 著、樋口陽子、樋口恒晴 編訳、2011年)、『ジョージ・エリオット 時代のなかの作家たち 5』(ティム・ドリン 著、廣野由美子 訳、2013年)ほかがある。



「2022年 『フロス河畔の水車場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・エリオットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フォークナー
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フアン・ルルフォ
ヴァージニア ウ...
ヴァージニア・ウ...
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ジョゼ・サラマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×