埴輪の馬 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 随筆集。何かのきっかけで不意に思い出された記憶たち。本巻は極力ルビが省略されていて、目に懐かしい文庫です。
    吃驚(びっくり)とか、悉皆(すっかり)、序に(ついでに)、心算(つもり)などなど、今では平仮名や片仮名で書かれる文字が、彼の文の中に収まると清々して目障りなく平仮名よりもスッキリ見えて驚いてます。

  • 名随筆揃い。「煙」という作品で焚火をする小沼丹。なんだか暖かそうなので焚火をしてみたら私の布団が(笑)

  • はじめて読んだ小沼丹。シンプルな思いが伝わる。これからはまった。

  • 消防車の話が可笑しい。

  • 淡々としたところが大好き。〜かしらん?ととぼける姿に感動。童謡と連翹に涙。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。1942年、早稲田大学を繰り上げ卒業。井伏鱒二に師事。高校教員を経て、1958年より早稲田大学英文科教授。1970年、『懐中時計』で読売文学賞、1975年、『椋鳥日記』で平林たい子文学賞を受賞。1989年、日本芸術院会員。

「2018年 『ゴンゾオ叔父』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小沼丹の作品

ツイートする
×