夫婦善哉 (講談社文芸文庫)

著者 :
制作 : 種村 季弘 
  • 講談社
3.67
  • (14)
  • (6)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近NHKでドラマにもなりました。柳吉と蝶子の夫婦がドタバタをくり広げる物語です。柳吉のクズ男っぷりがすがすがしいほどにくたらしいですが、現代にもこんな男は山ほどいるのかと思います。

    九州大学
    ニックネーム:来見田仁志

  • 以前追突事故に巻き込まれた時のこと、修理中の代車にはラジオしか付いておらず、そこから聞こえて来たのが収録されている『放浪』の朗読でした。

    作品から漂う当時の大阪の下町の雰囲気に魅了され本を購入。
    学生生活(2回目)を過ごした大阪の下町の大正~昭和の風情の描写が秀逸で、小説の登場人物の放浪に合わせて馴染みの地名が登場する度に郷愁をかき立てられるのでありました。

    表題の『夫婦善哉』では維康が天牛書店に通うシーンが出てきますが、
    この天牛書店は下宿先から徒歩1分と、僕が学生時代(1回目)に大変お世話になった本屋です。(店は移転していますが)
    最近読んでる本にも、ここで買った本が多いです。

  • *図書館で借りる
    ぜんざいのパッケージに「ふうふよきかな」とあった。
    実は「めおとぜんざい」と読むらしい。
    更に「めおとぜんざい」をモチーフにした話があるらしい。ということで読むことに。
    大阪の情景など、おそらく当時のまま描いていると思うと考えると今は殆ど店がなくなっているのが残念。

    なかなか面白いと感じられなかったのと、3作品目に突入したにも関わらずダメ男ばかりの短編集を読んでいられず、挫折。
    きっと、ダメ男っていうのだけは、今も昔も変わらないんだろうな。

  • 面白可笑しいけど哀しい 哀しいけど面白可笑しい そんな感じ 

  •  「夫婦善哉」は、発表当時東京文壇から批判されている。皇国史観もなければ左翼思想もない、と。その言葉の裏には、この戦時下に「あかんたれ」の男が「しっかりもん」の女に浮気して、いちやいちやと食べ歩いているような小説はけしからん、との軍部の意向が反映していた。
     しかし、好いた同士は形式はどうあれ一緒にいたい、うまいもんも食いたいし、うまいもんに格式も何もないやないか、とズバリ本音を言ってのける織田作に、戦時下の大阪人は拍手を送った。

  • 別府などを舞台とした作品です。

  •  とにかく疲れた。

    しっかり者の芸者蝶子が、駆け落ち相手である若旦那柳吉のしょうもない所業を許すたびに、「そんなの許すかなぁ。」とイライラし、終いに「(柳吉、)この甲斐性なしのアホが!」と何度言ったかわかりません(笑)。

    この作品が世に送り出されてから半世紀以上経つけど、人間なんてそう進歩しないもんさと思ったほうが、楽に生きられるぞ。と、作者 織田 作之助が語っているような気もしましたが・・・・

    あーーー、全くもって受け入れられないねっ!

  • ダメ男の短編集です。

  • どう仕様もないくらい、駄目な男が出てきます。
    でも嫌いにはなれない。
    笑えます。

  • 図書館にてー。

  • 何が面白いんだろう?
    よくわからないまま、でも、面白いな〜と思って読み進めてしまいました。
    出てくるのはしょうもない人だし、そのしょうもない人と一緒になる人も周りの人もしょうもないのだけれど、その世界がなんか面白いのです。
    文体とかキャラとかそういうのを超えて、この世界が面白いのです。
    やっぱり作之助はすごかったな〜と思って、なぜ今まで読まなかったのか、いや、この年で読むからこの世界が面白いのか、なんて、ぼんやり思ったりする時間も幸せでした。

  • 一本の小説に込められたエネルギーが圧倒的です。柳吉のどうしようもなさや蝶子の情の深さがたまらなく愛しい。
    ラストの善哉を食べるシーンはたまらなくロマンチックだと思います。

  • ダメ夫と、そんな夫に腹を立てながらも惚れてしまっている妻。
    妻が夫の寝顔に向かって「あほんだら」と言いながら口づけするシーンは可笑しくて哀しい。

  • オダサクの小説はとにかくおもしろい。独特のリズムは関西人のDNAによるものか。商家の「ぼんぼん」柳吉と芸者あがりの蝶子はんとの結婚生活の物語。昭和14年頃に書かれたこの小説,柳吉に貯金を使い果たされた蝶子はんがよよよと泣き崩れたり堪え忍んだりするかと思えば大間違い,馬乗りになってダンナの首をしめあげるというたくましさ。柳吉は「うまいもの」に目が無く,「うまいもん屋」へ芸者時代の蝶子はんをしばしば連れて行くのだが,今でも大阪にあるおでんや「たこ梅」が既に登場している。

  • 妻強しと思いきや、惚れこんでるのは妻のほう。振り回すのは夫のほう。

  • 俺と共鳴せぇへんか

  • 『私は目下上京中で、銀座裏の宿舎でこの原稿を書きはじめる数時間前は、銀座のルパンという酒場で太宰治、坂口安吾の二人と酒を飲んでいた――というより、太宰治はビールを飲み、坂口安吾はウイスキーを飲み、私は今夜この原稿のために徹夜のカンヅメになるので、珈琲を飲んでいた。話がたまたま某というハイカラな小説家のことに及び、彼は小説は女を口説くための道具にしているが、あいつはばかだよと坂口安吾が言うと、太宰治はわれわれの小説は女を口説く道具にしたくっても出来ないじゃないか、われわれのような小説を書いていると、女が気味悪がって、口説いてもシュッパイするのは当り前だよ、と津軽言葉で言った。私はことごとく同感で、それより少し前、雨の中をルパンへ急ぐ途中で、織田君、おめえ寂しいだろう、批評家にあんなにやっつけられ通しじゃかなわないだろうと、太宰治が言った時、<b>いや太宰さん、お言葉はありがたいが、心配しないで下さい、僕は美男子だからやっつけられるんです、僕がこんなにいい男前でなかったら、批評家もほめてくれますよと答えたくらい、容貌に自信があり、</b>林芙美子さんも私の小説から想像していた以上の、清潔な若さと近代性を認めてくれたのであるが、それにもかかわらず女にかけての成功率が殆んどゼロにひとしいのは、実は私の小説のせいである。同じ商売の林芙美子さんですら五尺八寸のヒョロ長い私に会うまでは、五尺そこそこのチンチクリンの前垂を掛けた番頭姿を想像していたくらいだから、読者は私の小説を読んで、どんなけがらわしい私を想像していたか、知れたものではない。バイキンのようにけがらわしい男だと思われても、所詮致し方はないが、しかし、せめてあんまり醜怪な容貌だとは思われたくない。私は一昨日「エロチシズムと文学」という題で朝っぱらから放送したが、その時私を紹介したアナウンサーは妙齢の乙女で、「只今よりエロチ……」と言いかけて私を見ると、耳の附根まで赧くなった。私は十五分の予定だったその放送を十分で終ってしまったが、端折った残りの五分間で、「皆さん、僕はあんな小説を書いておりますが、僕はあんな男ではありません」と絶叫して、そして「あんな」とは一体いかなることであるかと説明して、もはや「あんな」の意味が判った以上、「あんな」男と思われても構わないが、しかし、私は小説の中で嘘ばっかし書いているから、だまされぬ用心が肝腎であると、言うつもりだった。しかし、それを言えば、女というものは嘘つきが大きらいであるから、ますます失敗であろう。』――「可能性の文学」(太字は引用者)<br>
    <br>
    うひひ。腹イテー。ここんとこ、めっさ笑いました。<br>
    <br>
    …って、「可能性の文学」の主題はもちろん「オレ男前」なところにあるわけではなく、文学は人間の可能性を描くべきだ、ということがテーマになっていて、そして、そのことにより、日本の「可能性を全然描こうとしない、私小説たち」を、つまり、志賀直哉を頂点とする日本の文壇を批判している。織田作之助はこの「可能性の文学」を提唱した一月後に急逝していて、だから作者の書こうとしていた「可能性の文学(可能性をこそ描こうとする文学)」がついに陽の目を見なかったことがとても残念でならない。<br>
    <br>
    オダサクは自分の書くものなんてどれも嘘で、みんなでっちあげだということを強調していて、実際そうなんだろうなと思っていたんだけど、伝記によると、実はどれも ―自分の身に起きたことではないとはいえ― 本当のことだったという事実を知り、また驚いたわけです。<br>
    <br>
    彼が「可能性の文学」を記したのは太宰治が「如是我聞」で志賀直哉をクソミソにこきおろす1年半前。当時、文壇の頂点に君臨していた、いわば日本文壇における神だった志賀直哉を批判するということは、ものすごく衝撃的なことだったらしいです。

全19件中 1 - 19件を表示

著者プロフィール

1913年10月、大阪市生まれ。1933年から創作活動を開始し、1938年に小説「雨」を発表。1940年に「俗臭」が第10回芥川賞候補となる。同年に発表した「夫婦善哉」が改造社の第1回文藝推薦作品となり、以降、本格的に作家活動を開始。1946年4月に発表した「世相」が評判を呼び、作品発表の機会が劇的に増えるも、1947年1月、肺結核のため東京にて死去。その直前に評論「可能性の文学」を発表し、作風の転換を図っていた矢先のことだった。太宰治、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれ「オダサク」の愛称で親しまれた。

「2019年 『織田作之助 女性小説セレクション 怖るべき女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夫婦善哉 (講談社文芸文庫)のその他の作品

夫婦善哉 (講談社文芸文庫) Kindle版 夫婦善哉 (講談社文芸文庫) 織田作之助
夫婦善哉 (新潮文庫) 文庫 夫婦善哉 (新潮文庫) 織田作之助

織田作之助の作品

ツイートする