デカメロン(上) (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.29
  • (2)
  • (5)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976641

作品紹介・あらすじ

十四世紀イタリアのフィレンツェでペストが猛威をふるった時、七人の淑女と三人の紳士が森の館に避難し、毎日交代で面白い物語を話して聞かせることになった。-イタリア・ルネサンス期の巨人が残した世界文学史上不滅の古典に新たな生命を吹きこむ苦心の訳業。本巻には前半の第五日第七話までを収録(第三日、第四日は省略)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012.9.3

    民話、説話みたいのかと思って借りたら。俗っぽいなあ。夜泣き鶯は笑った。
    省略されてるとこがあるけどなぜ?ちゃんと全て読みたいのに。

  • デカメロンとは「10日間」という意味らしい。いやらしい意味はないのか・・・うむう。講談社文芸文庫で読んだのだが欠損の話が多い。手抜きか?でも話はおもしろいので問題はない・・・(う~ん)。

  • とても読みやすい。小話集。不滅の古典というオーラはないのが、かえって面白かった。

  • 1189夜

  • 2005/4:古典にしては読みやすい……のか、な? まぁ、現代語訳だからなんですけど! ペスト大流行の都市を離れて、10人の男女が気ままにお話いたしますわよっていう話。10日で100話だったかな……短いのもあれば長いのもあり。もっと俗っぽいエログロを期待していたんですが、それほどじゃない。

  • 様々な身分の男女10人が一日一話ずつ人間のうぬぼれた姿や欲望を10日間かけて語る物語集。私の持っているのは上・中・下だけれど、今は2冊なんですね。(汗)

全7件中 1 - 7件を表示

ジョヴァンニ・ボッカッチョの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
フランツ・カフカ
三島由紀夫
ウラジーミル ナ...
安部公房
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×