アメリカ古典文学研究 (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976825

作品紹介・あらすじ

二十世紀文学の主要な一翼を担うD・H・ローレンスのアメリカ古典文学を論じて、近代批判にまで及ぶ名著。フランクリン、クレヴクール、フェニモア・クーパー、ホーソーン、メルヴィル、ホイットマンとアメリカ文学の古典たる作品をとりあげ、魂のありかを探る。ヨーロッパから見たアメリカとは、デモクラシーとは。現代アメリカを読み解くための重要な鍵。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もっと辛口なのを期待していたのに(≧∇≦)

  • 「社会よ、おまえの偽の基準に合わせて、僕を教育したり、抑えこんだりしてみるがいい。僕は従わないから」
    名言多し。

全2件中 1 - 2件を表示

D.H.ローレンスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×