ボロ家の春秋 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (10)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常生活が限りなくハイテク化/SF化しつつある、今となっては、こういう「日常」の方がずーっと遠く感じられます。

    ところで、イチジクの木は水分が多くて、薪に不向きだそうですが、本当かなあ。

  •  梅崎さんの名前は見たことがあったけど、読んだのは初めて。
     この『ボロ家の春秋』は短篇集で7つの短篇が収められている。
     梅崎さんの小説には「戦争もの」と「隣人もの」があって、こちらは後者。

     梅崎さんは、戦争ものにおいては、
     【 苛烈な環境状況にあっても生活はある 】
     というような書き方をし(読んでいないので解説に拠る)、隣人ものの方では、
     【 平和な何の変哲もない日常にも苛烈な状況はある 】
     という書き方をしている。
     だから「戦争もの」も「隣人もの」も本質として梅崎さんの中では別ものではないのだと思う。
     人間は生きているうちはどんな状況であれ生活をしなくてはいけない。

     そんな梅崎さんが書く日常小説は悲惨さをコミカルに乗せた灰色にくすんだユーモアがあり、深みがあって、おもしろい。
     登場人物の名前ひとつとっても梅崎さんのエスプリが効いている。
     その名前をつける理由(わけ)がある。
     猿沢と蟹江というふたりの男性を描いたものはその名前から連想される通りさるかに合戦を彷彿とさせる。

     《 僕は生まれつき相当のオセッカイ屋で、他人との関係にもこれなくしては入れなかった。でも大ざっぱに言えば、人間と人間を結び合うものは、愛などというしゃらくさいものでなく、もっぱらこのオセッカイとか出しゃばりの精神ではないでしょうか。大づかみに僕はそう了承しています。オセッカイこそ人間が生きていることの保証であるという具合にです。》(「ボロ家の春秋」より)

    《 好意か親切か余計なオセッカイか、それは発する者が決めるんじゃなく、受取る方で決めるものだからです。》(「凡人凡語」より)

     梅崎さんが発表した当時はこれが現代小説だったわけだが、当時の隣人はそれから50年以上経った今でもちっとも違和感がない。
      人間のあり方、人間と人間の結びつき、社会とのあり方、そういうものは変わらない。
     根っこはそういう風に深いのに、梅崎節は滑稽さをマントにして重々しく見せない。
    『蜆』なんてかなりブラックで怖いのに気分が重くなるようなことはない。
    『ボロ家の春秋」もかなりシビアに切羽詰まった状況であるのにちょっと笑ってしまう。

     とにもかくにも、おもしろい本。万人におススメできる本。

  • 戦後文学…なのか?
    昭和29年に発表された。困った人がたくさん出てくる、ちょっと面白い作品らしい。

  • 今まで読んだことの無い作風だったので、漫才にたとえれば「ぞうさんのポット」のような笑いが含まれた短編集でした。とても好ましいです。

  • 主人公はみんな貧乏で気が弱く、お話は哀しくやるせなく、でもなんだかマヌケというかとんまというか、ヘンだ。
    おとぎ話みたい。
    今まで全っ然、いっこも読んだことなかった梅崎。梅崎春生はとてもいい、地味で。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九一五(大正四)年福岡市生まれ。小説家。東京帝国大学国文科卒業前年の三九(昭和一四)年に処女作「風宴」を発表。大学の講義にはほとんど出席せず、卒業論文は十日ほどで一気に書き上げる。四二年陸軍に召集されて対馬重砲隊に赴くが病気のため即日帰郷。四四年には海軍に召集される。復員の直後に書き上げた『桜島』のほか『日の果て』など、戦争体験をもとに人間心理を追求し戦後派作家の代表的存在となる。『ボロ家の春秋』で直木賞、『砂時計』で新潮社文学賞、『狂い凧』で芸術選奨、『幻化』で毎日出版文化賞。一九六五年没。 一九六九年三重県生まれ。文筆家。「大学在学中からフリーライターの仕事を始めるも、なかなか生計が立てられず、アルバイトで食いつなぎ、現在にいたる」というプロフィールを長く使い続ける怠惰ぶり。著書に『活字と自活』『書生の処世』『日常学事始』(本の雑誌社)、『閑な読書人』(晶文社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)など。

「2018年 『怠惰の美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ボロ家の春秋 (講談社文芸文庫)のその他の作品

ボロ家の春秋 オンデマンド (ペーパーバック) ボロ家の春秋 梅崎春生

梅崎春生の作品

ツイートする