ザリガニさいばん (どうわがいっぱい)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (5)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 111
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061978492

作品紹介・あらすじ

よんでもらうたのしさからじぶんでよむよろこびへ
『ライギョのきゅうしょく』のコンビによるドーナツいけのおはなし第2作目!

へいわなドーナツいけに、おきただいじけん。ナマズじいさんに大けがをさせたのはほんとうに、ザリガニなのでしょうか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうわがいっぱいシリーズは学びがあるので気に入っていますが、これは少し難しかったようで小学一年生の息子は最後のオチが理解できていませんでした。おたまじゃくしのタマが登場して尻尾の秘密がわかったり、繋がりがある事で子ども達は親しみを持っていました。
    一方的な決めつけで、多数決で犯人を決めるなんて、怖いです。
    多数決が正しい訳ではない、と言いたいのかもしれませんが、多数決が正しいんでしょ?、とやり返した形で終わり、子どもには分かりづらいかなと思います。

  • 多数決…

  • どうわがいっぱいシリーズ 1年生から

    ★はじめてひとりでよむどうわがいっぱい
    絵本の世界から創作文学をひとりで読む段階への子どもたちに、
    ぴったりのシリーズです。内容・文字づかいともに工夫しました。
    ★いろいろなジャンルのどうわがいっぱい
    生活どうわ、ファンタジー、ぼうけん、SF、メルヘン。
    いきいきとした子どもたちや動物が主人公のお話がいっぱいです。
    ★カラーのさし絵がいっぱい
    物語をさらにわくわくどきどきさせる、たくさんの美しいさし絵で、
    豊かな想像力をよびおこします。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年愛知県生まれ。名古屋芸術大学を卒業後、幼稚園絵画講師、書店店長などを経験。『泣けない魚たち』で第11回坪田譲治文学賞・第6回椋鳩十児童文学賞をダブル受賞、『ライギョのきゅうしょく』が2000年全国読書感想文コンクール課題図書に選ばれた。『オタマジャクシのうんどうかい』で第14回ひろすけ童話賞を受賞。『オグリの子』は、NHKでドラマ化された。

「2018年 『ゲンちゃんはおサルじゃありません』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部夏丸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×