カンガルーおばさんのおかいもの (どうわがいっぱい)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初、カンガルーおばさんに会った時、悪い人かと思いました。

  • じゃがいもじゃなくてさといも!?

  • はじめてのおつかいにはりきりようすがかわいらしいです。

  • 風邪気味のおかあさんのかわりに買い物に行ったららは、途中でふしぎなおばさんに出会いました。
    おばさんはお買いものしたものを、全部ポケットに入れています。
    どれだけ入るのかしら?

  • 偶然、同じレシピ。ラッキーなことに?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作・岩佐めぐみ
1958年、東京都に生まれる。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、1986年まで同大学学科研究室に勤務する。作品は『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』(2018年ドイツ児童文学賞受賞)『わたしはクジラ岬にすむクジラといいます』などの「クジラ海のお話」シリーズ、『バッファローおじさんのおくりもの』、『カンガルーおばさんのおかいもの』などがある。ドイツで権威あるドイツ児童文学賞を日本の作品が受賞するのは初めてで、話題となる。

「2021年 『あっしはもしもし湾にすむカメ次郎ともうします』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩佐めぐみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×