となえもんくん ちちんぷいぷいのまき (どうわがいっぱい)

  • 講談社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981720

作品紹介・あらすじ

ねがいごとは気もちをこめていってみよう!

となえもんくんは、まじないしのひとりむすこ。まじないのしゅぎょうをするため、これからまじない道場ににゅうもんするのです。ばあやのイネコさんとしゅぎょうのたびにでますが、きちんとたどりつけるかな?

※小学1年生から

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おまじない。
    ほんと、呪文ですね、これ。
    おまじないを使いこなせば魔法使いの気分になれるかもしれない。
    込められているのは知恵と優しさ。
    そういうおまじないを集めているのもあるんだろうけどね。

  • シリーズもの
    くわばらくわばらの巻
    ことばの力のまき

  • おまじない修行に出発する「となえもんくん」
    道中、数々のおまじないを唱えます。
    聞いたことあるおまじないもあり、初めて聞くおまじないもあり。
    信じる者は救われるです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

もとしたいづみ
絵本のテキスト、童話、エッセイなどを書いている。絵本に『ふってきました』『まってました』(石井聖岳・絵 講談社)、『わたしのともだちポルポちゃん』(北見葉胡・絵 講談社)、『おいなりさん』(中川学・絵 アリス館)、『ないしょのオリンピック』(やまぐちかおり・絵 ほるぷ出版)、読み物に『うめちゃんとたらこちゃん』(田中六大・絵 講談社)、『おおあたり!』(山西ゲンイチ・絵 小峰書店)、「おばけのバケロン」シリーズ(つじむらあゆこ・絵 ポプラ社)、エッセイ集に『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)がある。


「2022年 『狂言えほん かずもう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もとしたいづみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×