キンギョのてんこうせい (どうわがいっぱい)

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (6)
  • (10)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このお話はとても悲しくて私はとても悲しく、後からが良くて、だからこそ、私は5star をいれました。

  • 悲しいけど、最後はめでたしめでたしでよかったです。

  • キンギョがドーナツ池に引っ越してきた。ドーナツ池のナマズと友達になった。ナマズからキンギョに友達になろうと言ったのを見て、勇気があるなと思った。
    僕はちょっと恥ずかしいから言えないと思う。でも、言えるようになったらいいなと思った。

  • 友達のいないどじょうと金魚がなかよくなります。
    仲間はずれにされた気持ちのぶつけあいに心ひびきます。

  • ほんとうのともだちってなんだろうねーっていう話。

    このドーナツ池シリーズすきだすきだ。

  • 最後の"ともだちなんて、いらなーい"が、かわいい。

  • 2012年7月28日

    装丁/田名網敬一

  • あたらしい魚が空からふってきたこと。金魚はおよぐのがおそいこと。が大はっけん。どうやって空から魚がふってきたか。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1960年愛知県生まれ。名古屋芸術大学を卒業後、幼稚園絵画講師、書店店長などを経験。『泣けない魚たち』で第11回坪田譲治文学賞・第6回椋鳩十児童文学賞をダブル受賞、『ライギョのきゅうしょく』が2000年全国読書感想文コンクール課題図書に選ばれた。『オタマジャクシのうんどうかい』で第14回ひろすけ童話賞を受賞。『オグリの子』は、NHKでドラマ化された。

「2018年 『ゲンちゃんはおサルじゃありません』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部夏丸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×