となえもんくん ことばの力のまき (どうわがいっぱい)

  • 講談社
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 言霊…この本の根幹な気も。

  • となえもんくんは、まじないしの一人息子で、『ちんぷいまじない道場』ににゅうもんし、修行にはげむ毎日です。
    ある日、道場にどろぼうが入り、まじないをかいた巻物が盗まれましす。
    その話を聞いているうちに、くやしい気持ちがわいてきて、となえもんくんが声に出して言った言葉が・・・・
    「いいことも悪いことも、自分に言ったことでも、人に言ったことでも、言葉を口にすると、それが本当になることがある。」
    「言葉には言霊という不思議な力がある。」
    とちんぷい先生が入門した時にいってたことをとなえもんくんは思いだしました。
    そしてばあやが「ぼっちゃまは今にりっぱなまじないしになりますよ。」と小さいころから言っていたのも、そう言っていると、本当にりっぱなまじないしになるからなんだと気付きます。
    この本の中には、たくさんのおまじないがでてきます。
    「ばく くえ ばく くえ こわい ゆめ」
    これは、怖い夢を見ないおまじないで、この本を読んでからあやちゃんは、毎晩このおまじないを言ってから眠ります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

絵本・童話作家、翻訳家。大分県生まれ。『ふってきました』(講談社)で、日本絵本賞、講談社出版文化絵本賞受賞。『どうぶつゆうびん』(講談社)で、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞。現在『たなばたセブン』ほかセブンの行事絵本シリーズ(世界文化社)で、活躍中。著作は400冊以上。

「2022年 『せつぶんセブン 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もとしたいづみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×